エル・クラン (スペイン語: El Clan)は、2015年のアルゼンチン映画。監督はパブロ・トラペロ。プロデューサーのひとりにペドロ・アルモドバルがいる。スペイン語の「El clan」とは「一族」を意味する。この作品は実話に基づいた犯罪映画であり、1980年代初頭に4人を誘拐した末に3人を殺害したプッチオ家英語版を題材としている。

エル・クラン
El Clan
監督 パブロ・トラペロ
脚本 パブロ・トラペロ
製作 ウーゴ・シグマン英語版
ペドロ・アルモドバル
アグスティン・アルモドバル英語版
エッシャー・ガルシア
マティアス・モステイリン
アクセル・クセバツキー
出演者 ギレルモ・フランチェラ
ペテル・ランサーニ英語版
リリー・ポポヴィッチ
音楽 ビセンテ・デリア
撮影 フリアン・アペステギア
編集 アレハンドロ・カリーリョ・ペノビ
パブロ・トラペロ
公開
  • 2015年8月13日 (2015-08-13) (アルゼンチン)
  • 2016年9月17日 (2016-09-17) (日本)
上映時間 106分
製作国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
言語 スペイン語
興行収入 1,370万USドル[1]
テンプレートを表示

第72回ヴェネツィア国際映画祭に正式出品され[2][3]、トラペロ監督が銀獅子賞(監督賞)を受賞した[4]アルゼンチン代表作品英語版として第88回アカデミー賞外国語映画賞に出品されたが、ノミネートはされていない[5]

キャスト編集

  • ギレルモ・フランチェラ(アルキメデス・プッチオ役)
  • ペテル・ランサーニ英語版(アレックス・プッチオ役)
  • リリー・ポポヴィッチ(エピファニア・プッチオ役)
  • ガストン・コチアラーレ(マギーラ・プッチオ役)
  • ヒセリェ・モッタ(シルビア・プッチオ役)
  • フランコ・マシーニスペイン語版(ギジェルモ・プッチオ役)
  • アントニア・ベンゴエチェア(アドリアーナ・プッチオ役)
  • ステファニア・コエッスル(モニカ役)
  • フェルナンド・ミロー(アニバル・ゴルドン役)

製作編集

 
監督のパブロ・トラペロ
 
息子アレハンドロ役のペテル・ランサーニ

ブエノスアイレス大都市圏サン・イシドロ英語版は富裕層が住む地区である。サン・イシドロに住むプッチオ家英語版は、家主のアルキメデス、妻のエピファニア・カルボ、息子3人(アレックス、ダニエル、ギジェルモ)、娘2人(シルビア、アドリアーナ)からなる。アルキメデスを中心とするプッチオ家は、1982年以降に4人を誘拐してその中の3人を殺害した。1985年8月には警察がプッチオ家に踏み込み、家主のアルキメデスと息子のアレックスは終身刑を、息子のダニエルは数年間の実刑判決を受けた。エピファニア・カルボ、シルビア、アドリアーナは犯罪に関与していないということで無罪となった。

プッチオ家を題材とする映画の製作を考案したのはパブロ・トラペロ監督自身である。2014年末から2015年初頭にかけて撮影が行われたが[6]、製作に時間がかかったためにカンヌ国際映画祭に出品する機会を逃した[7]

プッチオ家の犯罪の犠牲者の親族であるギジェルモ・マノウキアンとロヘリア・ポッシは、早い段階からトラペロがこの映画を撮影する意図について知っていた。彼らはこの映画がシリアスな映画であることを前提に協力し、この事件に関する情報を提供するなどした[8]

公開編集

2015年8月13日にアルゼンチンで公開され、概して肯定的に評価されている。最初の木曜日から日曜日には505,000枚のチケットが売られ、興行収入は3,200万ペソに上った[9]。この4日間に映画館に足を運んだ人の53%が本作の観客であり、4日間における本作の観客数は2位の『テッド2』の7倍にも及んだ[9]。2014年の『人生スイッチ』がアルゼンチンのオープニング記録を保持していたが[10]、本作はこのオープニング記録を塗り替えた[9]BBCによると、公開から最初の2週間に150万人が本作を鑑賞した[11]。2015年9月にはヴェネツィア国際映画祭トロント国際映画祭で上映された。2016年9月17日にはシネマカリテ恵比寿ガーデンシネマなど一般劇場公開が開始され、日本ではミニシアターシネコンなど約25館で公開された。

プッチオ家を題材とする連続ドラマ『Historia de un clan英語版』の製作が企画され、アルキメデス・プッチオにはアレハンドロ・アワダ英語版が配役された[12]。このテレビドラマは2015年9月9日から放送されている。

受賞とノミネート編集

第72回ヴェネツィア国際映画祭に正式出品され[2][3]、トラペロ監督が銀獅子賞(監督賞)を受賞した[4]アルゼンチン代表作品英語版として第88回アカデミー賞外国語映画賞に出品されたが、ノミネートはされていない[5]。アルゼンチン映画芸術科学アカデミー(AACCA)が主催するスール賞では、作品賞や監督賞を含む12部門にノミネートされ、新人男優賞など5部門で受賞した[13]。スペインのゴヤ賞ではイベロアメリカ作品賞を受賞した[14]。アルゼンチン映画批評家協会が主催する銀のコンドル賞では、作品賞や監督賞を含む10部門にノミネートされている。

映画賞編集

映画賞 日付 部門 対象者 結果 脚注
銀のコンドル賞 2016年 作品賞 未決定 [15]
監督賞 パブロ・トラペロ 未決定
男優賞 ギレルモ・フランチェラ 未決定
新人賞 ペテル・ランサーニ英語版 未決定
撮影賞 フリアン・アペステギア 未決定
編集賞 パブロ・トラペロ
アレハンドロ・カリーリョ・ペノビ
未決定
美術賞 セバスティアン・オルガンビデ 未決定
衣装デザイン賞 フリオ・スアレス 未決定
メイキャップ・ヘアメイク賞 アラセリ・ファラセ 未決定
音響賞 レアンドロ・ロレード
ビセンテ・デリア
未決定
ゴヤ賞 2016年
2月6日
イベロアメリカ作品賞 受賞 [14]
スール賞 2015年
11月24日
作品賞 ノミネート [13]
監督賞 パブロ・トラペロ ノミネート
主演男優賞 ギレルモ・フランチェラ ノミネート
ペテル・ランサーニ英語版 ノミネート
助演女優賞 リリー・ポポヴィッチ ノミネート
新人男優賞 ペテル・ランサーニ英語版 受賞
オリジナル脚本賞 パブロ・トラペロ ノミネート
撮影賞 フリアン・アペステギア 受賞
美術賞 セバスティアン・オルガンビデ 受賞
衣装デザイン賞 フリオ・スアレス 受賞
音響賞 ビセンテ・デリア 受賞
メイキャップ・ヘアメイク賞 アラセリ・ファラセ ノミネート

映画祭編集

映画祭 日付 部門 結果 脚注
ヴェネツィア国際映画祭 2015年9月 金獅子賞 ノミネート [16]
銀獅子賞 受賞
トロント国際映画祭 2015年9月 プラットフォーム部門 特別な視点賞 [17]
サン・セバスティアン国際映画祭 2015年9月 真珠部門 ノミネート [18]
Festival de Fine Arts 2015年10月 作品賞 受賞 [19]
監督賞 受賞
男優賞 受賞
マイアミ国際映画祭 2015年10月 特別な視点賞 受賞 [20]

脚注編集

  1. ^ Nancy Tartaglione (2015年9月6日). “‘Terminator’, ‘Hitman’ Lead Sluggish Frame; ‘Compton’ Tops 5 Markets – International Box Office Update”. Deadline. 2015年9月6日閲覧。
  2. ^ a b Venice Film Festival: Lido Lineup Builds Awards Season Buzz – Full List”. Deadline. 2015年7月29日閲覧。
  3. ^ a b Venice Fest Reveals Robust Lineup Featuring Hollywood Stars and International Auteurs”. バラエティ. 2015年7月29日閲覧。
  4. ^ a b LIVE: The winners of the 72nd Venice Film Festival”. CinEuropa. 2015年9月12日閲覧。
  5. ^ a b Mango, Agustín (2015年9月28日). “Oscars: Argentina Nominates 'The Clan' for Foreign-Language Category”. ハリウッド・リポーター. 2015年9月28日閲覧。
  6. ^ Pablo Trapero: "For me it was a challenge to make believable a story that seemed invented"”. Writing Filmmaking. 2015年8月3日閲覧。
  7. ^ Trapero, Francella y Peter Lanzani presentaron "El clan", sobre los crímenes de la familia Puccio” (スペイン語). Télam. 2015年8月3日閲覧。
  8. ^ La película "El clan", desde la mirada de las víctimas ¿Qué opinaron del filme?” (スペイン語). ラ・ボス (2015年8月24日). 2015年8月25日閲覧。
  9. ^ a b c El clan, un récord para el cine nacional”. ラ・ナシオン. 2015年8月25日閲覧。
  10. ^ El Clan sigue batiendo récords: superó el millón de espectadores en 11 días” (スペイン語). ラ・ナシオン (2015年8月24日). 2015年8月25日閲覧。
  11. ^ Irene Caselli (2015年9月3日). “Puccio crime clan continues to intrigue Argentina”. BBC News. 2015年9月10日閲覧。
  12. ^ Así fue el debut de Historia de un Clan” (スペイン語). Infobae (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
  13. ^ a b La lista de nominados a los Premios Sur” (スペイン語). Infobae. 2015年9月28日閲覧。
  14. ^ a b El clan » Premios Goya 2016”. ゴヤ賞. 2016年3月12日閲覧。
  15. ^ Cine argentino: se anunciaron los candidatos a los Cóndor de Plata” (スペイン語). Alucinema. 2016年3月12日閲覧。
  16. ^ La programación del festival de cine de Venecia 2015 [Completo]” (英語). Noticias de los Premios Óscar. 2015年7月29日閲覧。
  17. ^ Toronto International Film Festival - Platform: The Clan” (英語). TIFF. 2015年8月13日閲覧。
  18. ^ Festival de San Sebastián - Sección Perlas: El Clan” (スペイン語). サン・セバスティアン国際映画祭. 2015年8月13日閲覧。
  19. ^ Festivales: "El Clan" arrasa en el Festival Cine Fine Arts 2015” (スペイン語). Escribiendo Cine. 2015年10月16日閲覧。
  20. ^ El Clan sigue recibiendo premios y va por el Óscar” (スペイン語). 2015年11月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集