エレオノール・ド・ブルボン

エレオノール・ド・ブルボンフランス語:Éléonore de Bourbon, 1407年9月7日 - 1464年)は、ラ・マルシュ伯ジャック2世とベアトリス・ド・ナヴァールの娘。ナバラ王カルロス3世レオノール・デ・トラスタマラの最年長の孫にあたる[1]

エレオノール・ド・ブルボン
Éléonore de Bourbon
ラ・マルシュ女伯
カストル女伯
在位 1438年 - 1464年

出生 1407年9月7日
Bandera Navarra.svg ナバラ王国ブルラーダ
死去 1464年
配偶者 パルディアック伯ベルナール・ダルマニャック
子女 ジャック
ジャン
家名 ブルボン家
父親 ラ・マルシュ伯ジャック2世
母親 ベアトリス・ド・ナヴァール
テンプレートを表示

生涯編集

母ベアトリスが早くに亡くなり(1407年の11月末[1]または12月半ば[2])、父ジャック2世はエレオノールを義父カルロス3世のもとに残し、エレオノールは祖父のもとでナバラで1423年まで育ち、その後父のもとに戻った。ジャック2世は、「カルロス3世の同意なしに娘を結婚させない」ことをカルロス3世に約束した[3]。このカルロス3世のエレオノールに対する愛情は、妃レオノール・デ・トラスタマラとも共有しており、レオノールは1414年7月27日にオリテで口述された遺言の中で、夫カルロス3世と娘のブランカおよびイザベルに加え、エレオノールを相続人の1人として加えた[4]

1429年、エレオノールはパルディアック伯ベルナール・ダルマニャックと結婚し、ヌムール女公となった。また、1438年に父ジャック2世が死去した時に、エレオノールはラ・マルシュ伯位とカストル伯位を継承した。エレオノールは1464年に死去し、息子ジャックが継承した。

子女編集

  • ジャック(1433年 - 1477年) - ヌムール公、ラ・マルシュ伯、カストル伯、パルディアック伯
  • ジャン(1440年 - 1493年) - オーリヤック修道院長

脚注編集

  1. ^ a b Narbona Cárceles, 2006, p. 101.
  2. ^ Ramírez Vaquero, 2007, p. 187.
  3. ^ Castro Álava, 1967, p. 334
  4. ^ Castro Álava, 1967 , pp. 396-397.

参考文献編集

  • Narbona Cárceles, María (2006). La corte de Carlos III el Noble, rey de Navarra: espacio doméstico y escenario del poder, 1376-1415, Barañáin, ISBN 978-84-313-2403-2.
  • Ramírez Vaquero, Eloisa (2007). Carlos III Rey de Navarra : príncipe de sangre Valois (1387-1425), Trea. ISBN 978-84-9704-305-2.
  • Castro Álava, José Ramón (1967). Carlos III el Noble, rey de Navarra, Institución Príncipe de Viana, Diputación Foral de Navarra.
先代
シャルル3世
ヌムール女公
1425年 - 1464年
ベルナール・ダルマニャックと共治)
次代
ジャック
先代
ジャック2世
ラ・マルシュ伯
カストル伯
1438年 - 1464年
次代
ジャック