エレキング (アルバム)

カーネーション (バンド)のアルバム

エレキング』(ELEC.KING)は、カーネーションの3枚目のアルバム1991年5月25日徳間ジャパンから発売された。1998年11月21日に、デモ音源を追加して再発売された。

エレキング
カーネーションスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 徳間ジャパン
カーネーション アルバム 年表
GONG SHOW
1988年
エレキング
1991年
天国と地獄
1992年
テンプレートを表示

ベースの馬田裕次が参加した最後のアルバム。本作からギターの鳥羽修が加入した。

タイトルは当初『ロック・ゾンビ』の予定だったが、スタッフが難色を示したため廃案になった。

収録曲編集

  1. からまわる世界
  2. パーキング・メーター
  3. ビッグ
  4. テレフォン・ガール
  5. マイ・フェイヴァリット・ボート
  6. はだかにはさせない
    森高千里の「はだかにはならない」の替え歌詞バージョン。
  7. ロック・ゾンビ
  8. 悲しきめまい
  9. ハレハレハレ -偉大なる夜明けの前に-
  10. 王様の庭
    ボーカルは棚谷祐一。
  11. モーレツな人 モーレツな恋
    森高千里の「うちにかぎってそんなことはないはず」の替え歌詞バージョン。森高がゲストヴォーカルで参加している。
  12. ダーク・ウォーター(Home Demo)
    再発版で追加されたデモ音源、以下同じ。
  13. からまわる世界(Home Demo)
  14. スリーパー(Demo)
    「天国と地獄」の原曲。
  15. テレフォン・ガール(Demo)
  16. 王様の庭(Demo)