エレバン駅

アルメニア・エレバンにあるサウス・コーカサス鉄道の鉄道駅

エレバン駅(エレバンえき、アルメニア語: Երեվան: Yerevan Railway station)は、アルメニア共和国の首都エレバンにある南カフカース鉄道である[2]

エレバン駅*
Երկաթուղային Կայարանի Շենք. Երևանի Երկաթուղային Կայարանը (11).JPG
駅前通りからのエレバン駅
Երեվան
Yerevan Railway station
所在地 アルメニアの旗 アルメニア
エレバン
駅番号 567804
所属事業者 ロシア鉄道
所属路線 南カフカース鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 4面5線
開業年月日 1902年[1]
備考 * エリバン (Erivan) 駅(1902年—1936年)より改称
テンプレートを表示

歴史Edit

最初の鉄道路線は、アレクサンドロポリ(現・ギュムリ)とグルジアのティフリス(トビリシ)を結ぶために、1902年にエリバン(現・エレバン)に敷設された。 1908年に2本目の路線によって、Julfaとペルシアが当駅と結ばれた。

1956年駅舎が建築された。 2009年7月31日にアルメニア共和国の鉄道博物館が当駅に開設された。

2010年ロシア鉄道が当駅の複合施設を再建した。 改修期間中、ロシア鉄道は当駅の内装を修復し、旅客向けの列車時刻表情報を提供するために液晶画面を導入した。 更に、旅客輸送量の大幅な増加により、チケットを購入する際の快適な環境を確保するとともに、長距離および国際列車向けの部屋にスペースを分割することを決定した。 部屋のデザインは、全体的な建築様式を乱すことはなく、装飾は元と同一の天然および人工材料でできている。 駅舎には、宿泊施設のための部屋とホテルがある[3]

列車一覧Edit

ギャラリーEdit

脚注Edit

  1. ^ Железнодорожные станции СССР. Справочник. — М.: Транспорт, 1981
  2. ^ History
  3. ^ South Caucasus Railway news

関連項目Edit

外部リンクEdit