メインメニューを開く
ドイツにおける代表的なエレベータークラブであるアルミニア・ビーレフェルトの成績。約30年間で15回の昇降格を繰り返した。とりわけ、90年代後半からは約10年間での昇降格は7回。

エレベータークラブ (ドイツ語: Fahrstuhlmannschaft) あるいはヨーヨークラブ (英語: Yo-yo club)[1]とは、主にサッカーにおいて、上位リーグと下位リーグの昇降格を頻繁に繰り返すクラブを指す比喩表現。ドイツ語では、Fahrstuhl(エレベーター)という語が用いられ、英語ではヨーヨーに喩えられる。

目次

概要編集

イングランドプレミアリーグでは、クリスタル・パレスFCレスター・シティミドルスブラFCサンダーランドAFCウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCなどがその代表格として挙げられる。また、サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)では、アルミニア・ビーレフェルト1.FCニュルンベルク1.FCケルンMSVデュースブルクVfLボーフムなどが、その例とされる。キプロスのアリス・リマソルFC英語版は1997年から10年連続で昇格と降格を繰り返し、これは世界記録となっている(2012年9月現在)[1]

日本におけるエレベータークラブ編集

Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation (RSSSF) が日本におけるエレベータークラブとして紹介しているのは以下のクラブである[2]。昇降各回数は1965年以降、2013年現在のもの。なお、RSSSFでは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足2年目以降の新規参入を「昇格」、Jリーグ発足に伴う日本サッカーリーグ (JSL) からジャパンフットボールリーグ(旧JFL)への移行も「降格」とカウントしている。

その他、各種媒体・ジャーナリストにより「エレベータークラブ」「ヨーヨークラブ」と言及のあるクラブは以下の通り。

  • 京都サンガF.C. - 大住良之が2012年に「降格4回、昇格3回。ウェストブロミッジに負けない『堂々たるヨーヨークラブ』」と言及[1]
  • 北海道コンサドーレ札幌 - サッカーキング編集部が2017年に「5季ぶりJ1の札幌 “エレベータークラブ”脱出への第一歩を踏み出す」と言及[3]。J2降格(J1参入決定戦敗退を含む)を4度経験しているが、いずれも後にJ1昇格(復帰)している。
  • 大分トリニータ - 中山淳が、J1からJ3間で全てを経験したクラブとして「日本でもっとも浮き沈みの激しいクラブ」と言及[4]
  • 湘南ベルマーレ - 隈元大吾が2017年のJリーグサッカーキングへの寄稿の中で「近年の成績だけを目で追えば、現在のベルマーレもそう(=「エレベータークラブ」と)評されるのかもしれない」と言及[5]。J2降格を4回経験し、2009年から9年間で7回ディビジョンを移動している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c No.900 ヨーヨークラブ”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (2012年9月26日). 2014年5月12日閲覧。
  2. ^ Up and Down!” (English). 2018年12月16日閲覧。
  3. ^ 【2017年J1クラブ分析⑯】5季ぶりJ1の札幌 “エレベータークラブ”脱出への第一歩を踏み出す”. サッカーキング (2017年2月24日). 2018年12月26日閲覧。
  4. ^ 日本一のエレベータークラブ、大分トリニータは混沌のJ1昇格争いで最後に笑えるか”. Yahoo!ニュース個人 (2018年10月21日). 2018年12月26日閲覧。
  5. ^ [湘南で生まれ、紡いでいく思い] 湘南ベルマーレが歩む道①”. サッカーキング (2017年5月18日). 2018年12月26日閲覧。

外部リンク編集