メインメニューを開く

エレーナ・リホフツェワ

エレーナ・リホフツェワElena Likhovtseva, ロシア語: Еле́на Алекса́ндровна Ли́ховцева, 1975年9月8日 - )は、ロシアの女子プロテニス選手。カザフスタンアルマトイに生まれる。4大大会の混合ダブルス部門で2002年ウィンブルドン2007年全豪オープンで優勝している。WTAツアーでシングルス3勝、ダブルス27勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス15位、ダブルス3位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。既婚。

エレーナ・リホフツェワ
Elena Likhovtseva
Tennis pictogram.svg
Elena Likhovtseva 2006 Australian Open.jpg
エレーナ・リホフツェワ
基本情報
フルネーム Elena Aleksandrovna
Likhovtseva
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 カザフスタン・アルマトイ
生年月日 (1975-09-08) 1975年9月8日(44歳)
身長 174cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1992年
引退年 2008年
ツアー通算 30勝
シングルス 3勝
ダブルス 27勝
生涯通算成績 959勝686敗
シングルス 433勝372敗
ダブルス 526勝314敗
生涯獲得賞金 $6,237,556
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2000)
全仏 ベスト4(2005)
全英 ベスト8(2002)
全米 4回戦(1994・99・2001・
03・05)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(2004)
全仏 準優勝(2004)
全英 ベスト4(2002)
全米 準優勝(2000・04)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(2007)
全仏 準優勝(2003・06)
全英 優勝(2002)
全米 ベスト4(2000)
優勝回数 2(豪1・英1)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2004)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 15位(1999年10月25日)
ダブルス 3位(2004年9月27日)

ロシア語人名の日本語表記に即したより正確な読みは「イリェーナ・リーハフツィヴァ」になる。

来歴編集

1992年1月に16歳でプロ入り。1993年全米オープン4大大会にデビューする。シングルスでは2000年全豪オープン2002年ウィンブルドンでベスト8進出があったが、2005年全仏オープン女子シングルスで、29歳にして初の準決勝進出を果たした。そこでは同じ年のマリー・ピエルスに 1-6, 1-6 で完敗したものの、リホフツェワのプロテニス選手としての「息の長さ」を世界の観客に印象づける活躍だった。彼女は1994年ウィンブルドンから2007年全米オープンまで「54大会」4大大会女子シングルス連続出場記録を続けてきたが、その後は肩の故障に悩み、2008年全豪オープンの欠場により連続記録が途絶えた。これは杉山愛の62大会連続、フランチェスカ・スキアボーネの61大会連続に次ぎ、ナタリー・ドシーと並んで史上3位である。

リホフツェワはダブルスの名手としてよく知られ、女子テニスツアーでダブルス通算27勝を挙げている。1997年から1999年にかけては、日本の杉山愛とペアを組み、6つのダブルス・タイトルを獲得した。2000年全米オープンで、リホフツェワはカーラ・ブラックジンバブエ)と組んで初の4大大会女子ダブルス決勝に進出したが、杉山とアラール=デキュジスの組に 1-6, 6-1, 1-6 で敗れて準優勝になった。2004年、彼女はウィンブルドンを除く3大会で4大大会女子ダブルス決勝に進出した。パートナーはすべて同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んだが、すべての決勝戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアルスペイン)&パオラ・スアレスアルゼンチン)組に敗れ、3大会とも準優勝に終わってしまう。2004年度の4大大会女子ダブルス決勝戦は「ルアノ・パスクアル&スアレス組が、リホフツェワ&クズネツォワ組に3戦全勝」の結果になった。その後も、リホフツェワは様々な選手たちとペアを組んで好成績を維持してきた。

混合ダブルスでのリホフツェワは、2002年ウィンブルドン2007年全豪オープンで優勝がある。2002年のウィンブルドンではインドマヘシュ・ブパシとペアを組み、決勝でケビン・ウリエットジンバブエ)&ダニエラ・ハンチュコバスロバキア)組を 6-4, 1-6, 6-1 で破り、初めての4大大会タイトルをここで獲得した。その後、リホフツェワは混合ダブルスでカナダダニエル・ネスターと組む機会が多くなったが、2006年全豪オープン2006年全仏オープンで2大会連続の混合ダブルス準優勝があった。2人は2007年全豪オープンの混合ダブルス決勝で、ベラルーシペアのマックス・ミルヌイ&ビクトリア・アザレンカ組を 6-4, 6-4 で破って優勝した。こうして、リホフツェワは5年ぶり2度目の4大大会混合ダブルス優勝を果たした。

リホフツェワは、2008年全米オープン女子ダブルス2回戦で敗退したのが最後の公式戦出場になっている。

リホフツェワはオリンピックのロシア代表選手としても、1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪2004年アテネ五輪の3度出場を果たしている。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 8回 (3勝5敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–1)
ティア II (0–1)
ティア III (1–3)
ティア IV & V (2–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1993年10月17日   モンペリエ カーペット (室内)   ドミニク・モナミ 6–3, 6–4
準優勝 1. 1995年2月19日   オクラホマシティ ハード (室内)   ブレンダ・シュルツ 1–6, 2–6
優勝 2. 1997年1月5日   ゴールドコースト ハード   杉山愛 3–6, 7–6(7), 6–3
準優勝 2. 1999年5月17日   ストラスブール クレー   ジェニファー・カプリアティ 1–6, 3–6
準優勝 3. 2000年10月30日   ライプツィヒ カーペット (室内)   キム・クライシュテルス 6–7(6), 6–4, 4–6
準優勝 4. 2003年2月16日   ドーハ ハード   アナスタシア・ミスキナ 3–6, 1–6
準優勝 5. 2004年8月2日   モントリオール ハード   アメリ・モレスモ 1–6, 0–6
優勝 3. 2004年8月28日   フォレストヒルズ ハード   イベタ・ベネソバ 6–2, 6–2

ダブルス: 56回 (27勝29敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1997年5月24日   ストラスブール クレー   杉山愛   ヘレナ・スコバ
  ナターシャ・ズベレワ
1–6, 1–6
優勝 1. 1998年1月11日   ゴールドコースト ハード   杉山愛   朴晟希
  王思婷
1–6, 6–3, 6–4
準優勝 2. 1998年2月22日   ハノーファー カーペット (室内)   カロリネ・ビス   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
1–6, 7–6(4), 3–6
優勝 2. 1998年11月1日   ルクセンブルク カーペット (室内)   杉山愛   ラリサ・ネーランド
  エレナ・タタルコワ
6–7(3), 6–3, 2–0 途中棄権
優勝 3. 1998年11月8日   ライプツィヒ カーペット (室内)   杉山愛   マノン・ボーラグラフ
  イリナ・スピールリア
6–3, 6–7(2), 6–1
優勝 4. 1998年11月15日   フィラデルフィア カーペット (室内)   杉山愛   モニカ・セレシュ
  ナターシャ・ズベレワ
7–5, 4–6, 6–2
優勝 5. 1999年1月17日   シドニー ハード   杉山愛   メアリー・ジョー・フェルナンデス
  アンケ・フーバー
6–3, 2–6, 6–0
準優勝 3. 1999年2月22日   パリ カーペット (室内)   杉山愛   イリナ・スピールリア
  カロリネ・ビス
5–7, 6–3, 3–6
優勝 6. 1999年4月4日   ヒルトン・ヘッド クレー   ヤナ・ノボトナ   バルバラ・シェット
  パティ・シュナイダー
6–1, 6–4
優勝 7. 1999年5月23日   ストラスブール クレー   杉山愛   アレクサンドラ・フセ
  ナタリー・トージア
2–6, 7–6(6), 6–1
準優勝 4. 1999年8月1日   スタンフォード ハード   アンナ・クルニコワ   リンゼイ・ダベンポート
  コリーナ・モラリュー
4–6, 4–6
準優勝 5. 1999年4月19日   ニューヘイブン ハード   ヤナ・ノボトナ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
6–7(1), 2–6
準優勝 6. 1999年11月7日   ライプツィヒ カーペット (室内)   杉山愛   ラリサ・ネーランド
  マリー・ピエルス
4–6, 3–6
準優勝 7. 2000年9月10日   全米オープン ハード   カーラ・ブラック   杉山愛
  ジュリー・アラール=デキュジス
0–6, 6–1, 1–6
優勝 8. 2001年1月14日   ホバート ハード   カーラ・ブラック   ルクサンドラ・ドラゴミル
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
6–4, 6–1
優勝 9. 2001年5月6日   ハンブルク クレー   カーラ・ブラック   クベタ・ペシュケ
  バーバラ・リットナー
6–2, 4–6, 6–2
準優勝 8. 2001年5月13日   ベルリン クレー   カーラ・ブラック   エルス・カレンズ
  メガン・ショーネシー
4–6, 3–6
優勝 10. 2001年5月20日   ローマ クレー   カーラ・ブラック   パオラ・スアレス
  パトリシア・タラビーニ
6–1, 6–1
優勝 11. 2001年6月11日   バーミンガム   カーラ・ブラック   キンバリー・ポー
  ナタリー・トージア
6–1, 6–1
準優勝 9. 2001年6月23日   イーストボーン   カーラ・ブラック   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
2–6, 2–6
優勝 12. 2001年7月30日   サンディエゴ ハード   カーラ・ブラック   マルチナ・ヒンギス
  アンナ・クルニコワ
6–4, 1–6, 6–4
優勝 13. 2001年8月20日   ニューヘイブン ハード   カーラ・ブラック   エレナ・ドキッチ
  ナディア・ペトロワ
6–0, 3–6, 6–2
優勝 14. 2001年9月30日   ライプツィヒ カーペット (室内)   ナタリー・トージア   クベタ・ペシュケ
  バーバラ・リットナー
6–4, 6–2
準優勝 10. 2001年11月4日   ミュンヘン カーペット (室内)   カーラ・ブラック   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
5–7, 6–3, 3–6
準優勝 11. 2002年3月3日   スコッツデール ハード   カーラ・ブラック   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
3–6, 7–5, 6–7(4)
優勝 15. 2002年4月7日   サラソタ クレー   エレナ・ドキッチ   エルス・カレンズ
  コンチタ・マルティネス
6–7(5), 6–3, 6–3
準優勝 12. 2002年6月22日   イーストボーン   カーラ・ブラック   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
7–6(5), 6–7(6), 2–6
準優勝 13. 2002年11月11日   ロサンゼルス ハード (室内)   カーラ・ブラック   エレーナ・デメンチェワ
  ヤネッテ・フサロバ
6–4, 4–6, 3–6
準優勝 14. 2003年1月5日   オークランド ハード   カーラ・ブラック   アビゲイル・スピアーズ
  テリン・アシュレイ
2–6, 6–2, 0–6
優勝 16. 2003年1月12日   ホバート ハード   カーラ・ブラック   バルバラ・シェット
  パトリシア・ワーツシュ
7–5, 7–6(1)
優勝 17. 2003年2月9日   ハイデラバード ハード   イロダ・ツルヤガノワ   エフゲニア・クリコフスカヤ
  タチアナ・ポウチェク
6–4, 6–4
準優勝 15. 2003年2月17日   ドバイ ハード   カーラ・ブラック   スベトラーナ・クズネツォワ
  マルチナ・ナブラチロワ
3–6, 6–7(7)
準優勝 16. 2003年9月22日   ライプツィヒ カーペット (室内)   ナディア・ペトロワ   スベトラーナ・クズネツォワ
  マルチナ・ナブラチロワ
6–3, 1–6, 3–6
優勝 18. 2004年1月10日   ゴールドコースト ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   リーゼル・フーバー
  マグダレナ・マレーバ
6–3, 6–4
準優勝 17. 2004年2月1日   全豪オープン ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
4–6, 3–6
準優勝 18. 2004年2月8日   東京 カーペット (室内)   マグダレナ・マレーバ   カーラ・ブラック
  レネ・スタブス
0–6, 1–6
準優勝 19. 2004年2月28日   ドバイ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   ヤネッテ・フサロバ
  コンチタ・マルティネス
0–6, 6–1, 3–6
優勝 19. 2004年3月6日   ドーハ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   ヤネッテ・フサロバ
  コンチタ・マルティネス
7–6(4), 6–2
準優勝 20. 2004年3月21日   インディアンウェルズ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
1–6, 2–6
準優勝 21. 2004年4月4日   マイアミ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
2–6, 3–6
準優勝 22. 2004年6月3日   全仏オープン クレー   スベトラーナ・クズネツォワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
0–6, 3–6
準優勝 23. 2004年6月19日   イーストボーン   スベトラーナ・クズネツォワ   アリシア・モリク
  マギ・セルナ
4–6, 4–6
準優勝 24. 2004年9月11日   全米オープン ハード   スベトラーナ・クズネツォワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
4–6, 5–7
優勝 20. 2004年10月31日   リンツ ハード (室内)   ヤネッテ・フサロバ   ナタリー・ドシー
  パティ・シュナイダー
6–2, 7–5
優勝 21. 2005年1月8日   ゴールドコースト ハード   マグダレナ・マリーバ   マリア・エレナ・カメリン
  シルビア・ファリナ・エリア
6–3, 5–7, 6–1
優勝 22. 2005年2月6日   東京 カーペット (室内)   ヤネッテ・フサロバ   リンゼイ・ダベンポート
  コリーナ・モラリュー
6–4, 6–3
優勝 23. 2005年5月8日   ベルリン クレー   ベラ・ズボナレワ   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
4–6, 6–4, 6–3
準優勝 25. 2005年6月18日   イーストボーン   ベラ・ズボナレワ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
3–6, 5–7
準優勝 26. 2005年7月25日   スタンフォード ハード   ベラ・ズボナレワ   カーラ・ブラック
  レネ・スタブス
3–6, 5–7
優勝 24. 2005年9月25日   コルカタ ハード (室内)   アナスタシア・ミスキナ   ネハ・ウベロイ
  シーカ・ウベロイ
6–1, 6–0
優勝 25. 2006年1月7日   オークランド ハード   ベラ・ズボナレワ   エミリー・ロワ
  バルボラ・ストリツォバ
6–3, 6–4
優勝 26. 2006年5月7日   ワルシャワ クレー   アナスタシア・ミスキナ   アナベル・メディナ・ガリゲス
  カタリナ・スレボトニク
6–3, 6–4
優勝 27. 2007年1月13日   ホバート ハード   エレーナ・ベスニナ   アナベル・メディナ・ガリゲス
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
2–6, 6–1, 6–2
準優勝 27. 2007年2月12日   アントワープ カーペット (室内)   エレーナ・ベスニナ   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
5–7, 6–4, 1–6
準優勝 28. 2007年5月6日   ワルシャワ クレー   エレーナ・ベスニナ   ベラ・ドゥシェビナ
  タチアナ・ペレビニス
5–7, 6–3, [2–10]
準優勝 29. 2007年9月23日   ポルトロス ハード   アンドレヤ・クレパーチ   ルーシー・ハラデツカ
  レナタ・ボラコバ
7–5, 4–6, [7–10]

4大大会ダブルス優勝編集

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 通算成績
全豪オープン A 3R 1R 4R 1R 3R 3R QF 1R 1R 1R 3R 3R 2R 1R 18–14
全仏オープン A A 2R 3R 2R 3R 3R 1R 1R 3R 1R 2R SF 1R 2R 17–13
ウィンブルドン A 1R 1R 4R 2R 3R 3R 2R 3R QF 2R 2R 4R 3R 2R 23–14
全米オープン 2R 4R 1R 3R 3R 1R 4R 3R 4R 2R 4R 1R 4R 3R 2R 29–15

外部リンク編集