メインメニューを開く

エレーヌとは地方競馬に所属していた競走馬である。デビューから約13か月の間に12競馬場で26レースに出走、年間重賞勝利数1位タイとなる8勝と2010年度GRANDAME-JAPAN3歳シーズン1位のタイトルを獲得したが、2010年9月に急死した。

エレーヌ
Helene(horse).jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2007年3月31日
死没 2010年9月25日(3歳没)
ダイタクリーヴァ
トラックマグナ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 田上光征
馬主 (有)須崎牧場→(有)ホースケア
調教師 角川秀樹(北海道
→山中輝久(笠松
競走成績
生涯成績 26戦11勝
中央競馬 3戦0勝
地方競馬 23戦11勝
獲得賞金 2805万円
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1歳時編集

1歳時に「トラックマグナ2007」の名で2度セールに出されたが、このときは買い手がつかなかった[1][2]

2歳時編集

ホッカイドウ競馬に所属し、2009年8月20日にデビュー。2戦目で先行抜け出しで初勝利を挙げるが、オープンクラスでは後方から差を詰めて届かない、物足りないレースが続いた。ホッカイドウ競馬のオフシーズンに馬主間でのトレードが成立し、笠松の山中輝久厩舎に移籍。JRAエリカ賞に遠征(7着)の後、移籍2戦目で2勝目を挙げる。

3歳時編集

福寿草特別で再度中央に遠征で8着、園田クイーンセレクションでは直線で内によれて落馬競走中止したものの、4コーナーで楽に先頭に立つレースぶりで頭角をあらわす。その後の年明け3戦目から3か月半の間に8戦7勝、地元3歳の最強馬決定戦東海ダービーまで重賞5連勝を含む6勝で、瞬く間に東海地方のトップにのし上がった。

スプリングカップは後方から差し切り勝ち、新緑賞は先行して4コーナーで先頭に立って押し切り、留守杯日高賞は先行して直線余裕をもって抜け出すレコード勝ち、ル・プランタン賞は中団から向こう正面から3コーナーで早め先頭に立って楽勝、のじぎく賞は中団から直線だけで差し切り勝ち、東海ダービーでは後方から2周目3コーナーで先団にとりついて直線で競り勝った。このうちの留守杯日高賞、ル・プランタン賞、のじぎく賞はGRANDAME-JAPAN3歳シーズンの対象レースで、これらを勝ったことで3歳シーズン初代女王に輝いた。この間、スプリングカップから中央の沈丁花賞は中8日、留守杯日高賞からル・プランタン賞は中5日で出走、すべて違う競馬場での出走だった。

JRAと南関東の一線級が揃った関東オークスは後方から直線で差を詰めるも離された6着で連勝がストップする。古馬との初対決となったムーンストーンオープンは逃げ切りを許して3着、全国から一流馬が揃った3歳馬最強決定戦のジャパンダートダービーは中団後方のまま10着に敗れた。読売レディス杯は後方から3コーナーで先団にとりつくも3着まで。東海クイーンカップは中団後方から4コーナーで進出して格の違う末脚で完勝、兵庫サマークイーン賞は2周目3コーナーで先頭に立って押し切り、重賞を2連勝した。ビューチフル・ドリーマーカップは終始先行するも逃げたマイネベリンダをとらえきれず2着だった。関東オークス以降、兵庫サマークイーン賞とビューチフル・ドリーマーカップはわずか中4日で出走、それ以外はほぼ中1週で出走している。名古屋競馬場で2戦した以外はすべて違う競馬場での出走である。

そしてホッカイドウ競馬への凱旋レースとなったノースクイーンカップは、離れた最後方2番手から向こう正面でズルズルと後退、直線に入るころには大差の最後方になってしまう。結局勝ち馬から9.2秒も離されての殿負けを喫してしまった。その後笠松へ帰厩するが、9月25日未明に心不全で死亡した[3]。後日、GRANDAME-JAPAN古馬シーズンにおいて、1位のキーポケットと同ポイントの2位となった[4]

過密なスケジュールについて編集

地方の下級条件馬並みのレース間隔で全国を飛びまわる過密なスケジュールに影響したとされるのがGRANDAME-JAPANのレーススケジュールである。2010年の3歳シーズンは対象の6レースが、同じく古馬シーズンは対象の7レースが、いずれも3か月の間に全国各地の競馬場で行われている。

エレーヌのキャリアの中でも特に短いレース間隔となった、留守杯日高賞(水沢)→ル・プランタン賞(佐賀)の中5日、兵庫サマークイーン賞(園田)→ビューチフル・ドリーマーカップ(水沢)の中4日は、いずれもGRANDAME-JAPANの対象レースである。エレーヌはGRANDAME-JAPANのうち、3〜6月に行われる3歳シーズン、7〜10月に行われる古馬シーズンのどちらもタイトルを狙って出走していたため、長期にわたって過密なスケジュールが続く一因となった。GRANDAME-JAPANを念頭に置いてのローテーションであったことは、山中師も「シリーズがなければ無理はしないと思うんですが」とレース後のコメントで認めている[5]

なお、GRANDAME-JAPANにおいて、シリーズの対象レースすべてへの出走は義務付けられておらず、出走レースの選択は各馬の陣営の判断に委ねられている。

愛称編集

2010年のGRANDAME-JAPAN3歳シーズンでは山中輝久厩舎に所属する牝馬が活躍し、留守杯日高賞では1着から4着まで、ル・プランタン賞では1着から3着までをそれぞれ独占した。エレーヌを含めた各馬は「笠松ガールズ」の愛称で呼ばれた[6][7]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2009. 8. 20 門別 フレッシュCh 7 1 1 4.8(3人) 4着 桑村真明 53 ダ1000m(稍) 1:02.8 (38.9) 0.7 ガム
9. 2 門別 ルーキーCh 9 5 5 7.1(4人) 1着 桑村真明 53 ダ1200m(稍) 1:14.4 (38.5) 0.0 (ゼイタクザンマイ)
9. 17 門別 ディクタット賞 7 2 2 8.2(5人) 4着 桑村真明 53 ダ1200m(良) 1:14.5 (38.3) 0.4 サンサンフロア
10. 15 門別 フォーティーナイナーズサン賞 12 6 7 5.8(3人) 7着 桑村真明 54 ダ1200m(重) 1:15.1 (38.7) 1.2 セレクトシューズ
10. 29 門別 JAしずない万馬券特別 12 8 11 16.8(7人) 2着 桑村真明 54 ダ1200m(重) 1:14.0 (38.1) 0.1 ロマンス
11. 11 門別 十勝軽種馬農業協同組合特別 7 5 5 3.3(2人) 2着 桑村真明 54 ダ1200m(重) 1:13.9 (37.4) 0.3 ブレイクスルー
12. 13 阪神 エリカ賞 8 1 1 110.4(8人) 7着 吉田稔 54 芝2000m(良) 2.06.9 (35.2) 1.6 エイシンフラッシュ
12. 30 笠松 サラ系2歳2組特選 9 2 2 6.9(4人) 1着 筒井勇介 54 ダ1400m(良) 1.31.0(----) -0.2 (ベストドレッサー)
2010. 1. 9 京都 福寿草特別 13 5 7 292.5(12人) 8着 吉田稔 54 芝2000m(良) 2:02.0 (35.2) 0.9 レーヴドリアン
1. 21 園田 園田クイーンSe 10 7 8 6.5(4人) 中止 筒井勇介 54 ダ1400m(重) ------(----) --- コロニアルペガサス
2. 23 笠松 サラ系3歳1組特別 6 6 6 1.4(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1400m(良) 1.28.2(----) -0.8 (バトルアツヒメ)
3. 5 名古屋 スプリングC SPII 11 5 5 1.7(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1800m(重) 1.56.7 (37.2) -0.0 (タンブリングダンス)
3. 14 中京 沈丁花賞 16 3 6 30.0(9人) 9着 吉田稔 54 ダ1700m(良) 1.48.5 (39.0) 0.9 タマモアルプス
4. 2 笠松 新緑賞 SPII 10 4 4 1.7(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1600m(不) 1.41.6 (37.1) -0.3 (タンブリングダンス)
4. 19 水沢 留守杯日高賞 12 2 2 1.6(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1600m(稍) 1.43.2 (38.1) -0.4 (コロニアルペガサス)
4. 25 佐賀 ル・プランタン賞 KJ1 11 7 10 1.3(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1800m(良) 1.58.1 (37.0) -0.5 (コロニアルペガサス)
5. 13 園田 のじぎく賞 12 7 10 1.2(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1700m(良) 1.51.8 (37.5) -0.1 (アートオブビーン)
6. 4 名古屋 東海ダービー SPI 12 4 4 1.3(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1900m(良) 2.04.5 (39.0) -0.1 (ラッキーサンライズ)
6. 16 川崎 関東オークス JpnII 14 8 14 12.0(7人) 6着 筒井勇介 54 ダ2100m(重) 2.15.2 (40.2) 2.1 シンメイフジ
7. 2 名古屋 ムーンストーンOP 8 6 6 1.3(1人) 3着 筒井勇介 52 ダ1800m(良) 1.57.7 (38.6) 1.5 シンワコウジ
7. 14 大井 Jダートダービー JpnI 12 4 5 248.4(10人) 10着 筒井勇介 54 ダ2000m(重) 2.07.3 (38.8) 2.1 マグニフィカ
7. 27 金沢 読売レディス杯 12 6 7 6.8(4人) 3着 筒井勇介 54 ダ1500m(良) 1.35.9 (37.7) 0.9 キーポケット
8. 13 名古屋 東海クイーンC SPII 12 3 3 1.7(1人) 1着 筒井勇介 54 ダ1600m(稍) 1.42.2 (37.0) -0.5 (ピュアストーン)
8. 25 園田 兵庫サマークイーン賞 9 6 6 12.3(3人) 1着 筒井勇介 54 ダ1700m(良) 1.51.8 (39.3) -0.1 (キーポケット)
8. 30 水沢 ビューチフル・ドリーマーC 11 6 6 2.1(1人) 2着 筒井勇介 53 ダ1900m(良) 2.01.9 (37.8) 0.3 マイネベリンダ
9. 21 門別 ノースクイーンC H2 13 8 12 5.6(4人) 13着 筒井勇介 54 ダ1800m(良) 2.03.6 (44.4) 9.2 ショウリダバンザイ

血統表編集

エレーヌ血統サンデーサイレンス系 / ネヴァービート(父内) 5×4=9.38%、Le Fabuleux 4×5=9.38%、Wild Risk 5×5=6.25%、Nasrullah(母内) 5×5=6.25%) (血統表の出典)

ダイタクリーヴァ 1997
栗毛 日本
父の父
フジキセキ 1992
青鹿毛 日本
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
父の母
スプリングネヴァー 1992
栗毛 日本
サクラユタカオー *テスコボーイ
アンジェリカ
ネヴアーイチバン *ネヴァービート
ミスナンバイチバン

トラックマグナ 2002
鹿毛 日本
*アラジ 1989
Arazi
栗毛 アメリカ
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Danseur Fabuleux Northern Dancer
Fabuleux Jane
母の母
マイグローリア 1987
鹿毛 日本
*ブレイヴェストローマン Never Bend
Roman Song
*ナマラ Pieces of Eight
Barlow Fold F-No.7

母の半姉にヴァイタルトラック(京成杯オータムハンデキャップ3着)、3代母の子孫にフレーザーハクユウ(九州ジュニアグランプリ荒炎賞)がいる程度で、一族に中央重賞を勝った馬はいない。5代先までさかのぼっても、5代母の孫にイギリスのG3勝ち馬が1頭いる程度である。

脚注編集

外部リンク編集