メインメニューを開く

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ

ジョージアのフィギュアスケート選手

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリグルジア語: ელენე გედევანიშვილი[1]1990年1月7日 - )は、ジョージア(旧称グルジア)トビリシ出身の女性フィギュアスケート選手。

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ
Elene GEDEVANISHVILI
Figure skating pictogram.svg
2012 WFSC 07d 1033 Elene Gedevanishvili.JPG
2012年世界選手権のフリースケーティング
基本情報
生年月日 (1990-01-07) 1990年1月7日(29歳)
出生地 ジョージア トビリシ
身長 155 cm
体重 41 kg
選手情報
コーチ クレイグ・マウリツィ
元コーチ イゴール・クロカヴェク
ブライアン・オーサー
ギスラン・ブリアン
コンスタンティン・コスティン
エドゥアール・プリナー
ロビン・ワグナー
エレイン・ザヤック
ロマン・セロフ
ガリーナ・ズミエフスカヤ
エレーナ・ブヤノワ
タマラ・アンジャパリゼ
振付師 オルガ・オルロワ
元振付師 ニコライ・モロゾフ
イリーナ・ロマノワ
デヴィッド・ウィルソン
エレーナ・ブラゴワ
ロビン・ワグナー
バフタン・ムルバニゼ
所属クラブ ディナモ・トビリシ
Shevardeni トビリシ
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 165.93 2012 欧州選手権
ショート 61.92 2010 バンクーバー五輪
フリー 108.79 2012 欧州選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
2010 タリン 女子シングル
2012 シェフィールド 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2006年トリノオリンピック2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピックグルジア代表。2010年2012年欧州選手権3位。

姓はゲデワニシビリゲデバニシビリほかのカナ表記もみられる。

経歴編集

2005-2006シーズン、初のシニアクラス競技会となったカールシェーファーメモリアルで4位に入りトリノオリンピックのジョージア出場枠を獲得。ISUジュニアグランプリではファイナルに進出する。初出場となる2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権でいきなり5位。また、直後のトリノ五輪フリースケーティングの最終グループ6人に入ったことで注目を集める。

エレーナ・ブヤノワタチアナ・タラソワの指導の下、モスクワCSKAモスクワでトレーニングをしていたが、2006-2007シーズン中、ロシアジョージアが関係の悪化[2]により、滞在ビザが不完全と一方的に認定されたグルジア人一斉追放の対象に、10月4日になって母親が含まれたためモスクワからの退去を余儀なくされる[3]。同月11日にウィーンで開催されたカールシェーファーメモリアルにはモスクワからジョージアへの帰国途中に参加し優勝。初めて招待されていたISUグランプリシリーズ中国杯NHK杯にエントリーがあったが欠場。12月25日にアメリカに落ち着きオクサナ・バイウルを育てたガリーナ・ズミエフスカヤのもとで練習を再開。2007年1月下旬にワルシャワで開催された欧州選手権には出場し、ショートプログラム3位、総合8位となる。3月に東京で開催された世界選手権にも出場を果たした。

2007-2008シーズンにはロマン・セロフに師事。あらためてISUグランプリシリーズデビューを果たす。2008-2009シーズンの世界ジュニア選手権よりエレイン・ザヤックに師事し、同大会では6位に入る。直後の世界選手権では初のトップ10入り。

2009-2010シーズンの欧州選手権ではショート、フリーともパーソナルベストを更新、3位となり、国際スケート連盟の主催する大会で自身初の表彰台に上る。直後のバンクーバーオリンピックではトリノに続く2大会連続の出場を果たした。

2010-2011シーズンは、NHK杯で6位、スケートアメリカで7位と昨シーズンと同等の結果となる。しかし欧州選手権では順位を大きく落とし8位に。

7月にブライアン・オーサーにコーチを変更しトロントへ移った。2011-2012シーズンは、NHK杯で5位、スケートアメリカで7位。欧州選手権ではトータルとフリーでのパーソナルベストを更新して銅メダルを獲得し、表彰台上に返り咲いた。

2012-2013シーズン、欧州選手権では14位。世界選手権ではショートで29位となり、初めてフリーに進出することができなかった。シーズンオフにはコンスタンティン・コスティンとエドゥアール・プリナーに変更し、アメリカのマサチューセッツ州に練習拠点を移した[4]

2013-2014シーズン、ネーベルホルン杯でソチオリンピックの出場枠を獲得。グランプリシリーズの後、コーチをブライアン・オーサーに戻した。欧州選手権では10位。

技術編集

バネを利かせた高いジャンプと、体の柔らかさを活かしたスピンやスパイラルに特徴がある。トウループルッツを得意としており、競技では3-3-2回転のコンビネーション(全てトウループ)を取り入れている。トリノオリンピックにおいては3回転フリップ-3回転トウループや3回転ルッツ-3回転トウループという難度の高いコンビネーションも跳んだ。また、アラベスク・スパイラルから2回転アクセルへの流れも特徴的である。一方、ループは苦手としており[5]、競技では外すことが多い。

主な戦績編集

2006-2007年シーズンから編集

大会/年 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16
冬季オリンピック 14 19
世界選手権 17 20 10 18 10 10 29 22
欧州選手権 8 7 25 3 8 3 14 10 23
GPNHK杯 8 6 5 6 9 10
GPスケートアメリカ 6 6 7 7 9 7
GPスケートカナダ 5
GPエリック杯 7 7
ロンバルディア杯 8
ネーベルホルン杯 2 6
NRW杯 1
フィンランディア杯 4
シェーファー記念 1
世界Jr.選手権 6

2005-2006年シーズンまで編集

大会/年 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06
冬季オリンピック 10
世界選手権 14
欧州選手権 5
グルジア国内選手権 4 1 1
シェーファー記念 4
世界Jr.選手権 12 5
JGPファイナル 7
JGPタリン杯 1
JGPスケートスロバキア 3
JGPウクライナ記念 6
JGPクールシュベル 17
JGPクロアチア杯 7

詳細編集

2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年9月17日-20日 2015年ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 4
52.96
11
67.68
8
120.64
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 16
52.11
22
80.14
22
132.25
2015年1月26日-2月1日 2015年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ストックホルム 19
49.20
23
73.68
23
122.88
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 9
50.18
9
92.78
10
142.96
2014年10月24日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 6
55.39
9
102.71
7
158.10
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 17
54.70
20
92.45
19
147.15
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 7
54.78
13
87.04
10
141.82
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 9
45.14
9
84.10
9
129.24
2013年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカデトロイト 6
56.68
9
92.26
9
148.94
2013年9月25日-28日 2013年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 6
51.59
7
93.21
6
144.80
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 29
42.40
- 29
2013年1月23日-27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 16
48.75
11
93.96
14
142.71
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 6
57.50
6
99.46
6
156.96
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 1
60.80
5
99.72
5
160.52
2012年10月6日-日 2012年ジャパンオープンさいたま - 5
94.84
3
団体
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 7
58.49
15
90.71
10
149.20
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド 4
57.14
3
108.79
3
165.93
2011年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 4
57.37
6
103.07
5
160.44
2011年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカオンタリオ 10
42.51
3
97.61
7
140.12
2011年9月22日-24日 2011年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2
50.56
2
96.36
2
146.92
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 15
51.61
10
104.63
10
156.24
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 5
53.68
8
94.28
8
147.96
2010年11月12日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 8
45.27
7
94.09
7
139.36
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 9
44.51
3
97.01
6
141.52
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 12
55.26
21
82.07
18
137.33
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 9
61.92
17
93.32
14
155.24
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 4
60.82
2
103.72
3
164.54
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 6
52.18
6
92.01
6
144.19
2009年10月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 8
48.68
6
94.75
7
143.43
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 8
58.82
11
103.66
10
162.48
2009年2月23日-3月1日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 1
60.32
11
78.00
6
138.32
2009年1月19日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 25
37.20
- 25
2008年12月4日-7日 2008年NRW杯ドルトムント 1
56.10
3
86.22
1
142.32
2008年11月13日-16日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 9
41.48
7
80.30
7
121.78
2008年10月9日-12日 2008年フィンランディア杯ヴァンター 3
57.28
4
94.26
4
151.54
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 23
44.06
18
81.93
20
125.99
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 8
53.43
8
93.66
7
147.09
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 7
53.82
8
82.72
8
136.54
2007年10月25日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 11
38.30
6
87.76
6
126.06
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 13
53.97
17
90.43
17
144.40
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 3
54.62
9
82.70
8
137.32
2006年10月11日-14日 2006年カールシェーファーメモリアルウィーン 1
50.48
1
81.40
1
131.88
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 9
20.72
8
54.55
17
89.65
14
164.92
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 6
57.90
13
93.56
10
151.46
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン - 4
60.19
6
93.08
5
153.27
2005年11月24日-27日 2005/2006 ISUジュニアグランプリファイナルオストラヴァ - 8
37.82
6
86.72
7
124.54
2005年10月12日-16日 2005年カールシェーファーメモリアルウィーン - 7
40.61
3
79.73
4
120.34
2005年9月15日-18日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン - 1
52.77
2
92.29
1
145.06
2005年9月1日-5日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブラチスラヴァ - 2
54.07
4
87.21
3
141.28
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権キッチナー 6
70.28
7
48.42
5
90.69
5
139.11
2004年9月30日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念キエフ - 4
46.65
12
64.18
6
110.83
2004年8月26日-29日 ISUジュニアグランプリ クールシュベルクールシュベル - 9
40.78
19
57.04
17
97.82
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 6 11 15 12
2003年10月22日-26日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ - 9 8 7

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2015-2016 Papa, Can You Hear Me?
作曲:ミシェル・ルグラン
ボーカル:バーブラ・ストライサンド
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
2014-2015 タイスの瞑想曲
作曲:ジュール・マスネ
振付:ニコライ・モロゾフ

Papa, Can You Hear Me?
作曲:ミシェル・ルグラン
ボーカル:バーブラ・ストライサンド
映画『バーレスク』サウンドトラックより
タフ・ラヴァー
エクスプレス
ショウ・ミー・ハウ・ユー・バーレスク
ボーカル:クリスティーナ・アギレラ
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
2013-2014 ロマンス 『吹雪』より
作曲:ゲオルギー・スヴィリードフ
振付:イリーナ・ロマノワ

タンゴ・ジェラシー
作曲:ヤコブ・ゲーゼ
振付:デヴィッド・ウィルソン
ジゼル
作曲:アドルフ・アダン
振付:イリーナ・ロマノワ

ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス
振付:デヴィッド・ウィルソン
2012-2013 映画『シンドラーのリスト』より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
振付:デヴィッド・ウィルソン
ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス
振付:デヴィッド・ウィルソン
ベイビー・ワン・モア・タイム
作曲:マックス・マーティン
ボーカル:ブリトニー・スピアーズ
2011-2012 タンゴ・ジェラシー
作曲:ヤコブ・ゲーゼ
振付:デヴィッド・ウィルソン
オペラ座の怪人
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
Unusual Way
ボーカル:ニコール・キッドマン
2010-2011 セル・ブロック・タンゴ
作曲:ジョン・カンダー
2009-2010 フィーバー
曲:ジョン・ダヴェンポート
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
悲しき願い
演奏:サンタ・エスメラルダ
ベサメ・ムーチョ
作曲:コンスエロ・ベラスケス
ある恋の物語
作曲:カルロス・エレータ・アルマラン
演奏:ペレス・プラード
I Wanna Be Loved by You
歌:マリリン・モンロー
2008-2009[6] ミュージカル『キャバレー』より
作曲:ジョン・カンダー、フレッド・エブ
悲しき願い
演奏:サンタ・エスメラルダ
ベサメ・ムーチョ
作曲:コンスエロ・ベラスケス
ある恋の物語
作曲:カルロス・エレータ・アルマラン
演奏:ペレス・プラード
2007-2008 Pretty Story
作曲:フランシス・レイ
マラゲーニャ
演奏:エルネスト・レクオーナ
2006-2007 2つのギター
作曲:ポール・モーリア
フラメンコ・ファンタジア
2005-2006 グラナダ
作曲:アウグスティン・ララ
アルメニア狂詩曲
作曲:アラ・ゲヴォルギャン
2004-2005 バレエ・エジプティアン
作曲:アレクサンドル・ルイジーニ
2003-2004 メキシカン・ハット・ダンス
演奏:Jarabe Tapatio

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ グルジア語ラテン翻字: Elene Gedevanishvili
  2. ^ グルジア政府によるロシア人将校拘束をきっかけとしたロシア政府によるグルジア経済封鎖等-(読売緒方特派員10/2記事)
  3. ^ フジテレビ「スーパーニュース」で報道-2006年11月12日
  4. ^ 'Gladiator' Manella ousts 'Zorro' Messing in Aston
  5. ^ Elene Gedevanishvili – Elene at a Glance. Absolute Skating. 2009年9月4日.
  6. ^ 「女子シングル」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.12-14[巻頭特集 2009世界選手権レポート]

参考文献編集

外部リンク編集