メインメニューを開く

エンクホイゼンオランダ語: Enkhuizen)は、オランダ北ホラント州、西フリージア地域に属す基礎自治体ヘメーンテ)であり、町である。エンクホイゼン、オーステルデイク(Oosterdijk)、ヴェストエインデ(Westeinde)の三地区から成る。エンクハイゼンエンクハウゼンなどとも表記される。

エンクホイゼン
Enkhuizen
基礎自治体
Skyline of エンクホイゼン Enkhuizen
エンクホイゼン Enkhuizenの旗
エンクホイゼン Enkhuizenの紋章
紋章
Location of エンクホイゼン Enkhuizen
北緯52度43分 東経5度17分 / 北緯52.72度 東経5.28度 / 52.72; 5.28座標: 北緯52度43分 東経5度17分 / 北緯52.72度 東経5.28度 / 52.72; 5.28
オランダの旗 オランダ
北ホラント州の旗 北ホラント州
行政
面積
2006年
 • 合計 116.04km2
 • 陸地 12.42km2
 • 水面 103.62km2
人口
(2007年1月1日)
 • 合計 17,833人
 • 密度 1,436/km2
  出典: CBS, Statline.
等時帯 UTC+1 (CET)
 • 夏時間 UTC+2 (CEST)
ウェブサイト www.enkhuizen.nl

1355年に都市権を獲得。ホールンアムステルダムと同じオランダ東インド会社の港町として東インドとの交易で栄え、17世紀中葉にオランダ最大級の港湾都市として絶頂を迎えた。だがシルトの堆積など、さまざまな理由でアムステルダムにその座を明け渡した。

現代、エイクホイゼンは海洋貿易の伝統を保つ大規模な港湾都市であり続けている。ゾイデル海沿岸の村々の歴史を紹介する町内の「ゾイデル海博物館」の来場者はプルメレントやアムステルダムといった町外からが大半を占める。

プラスチックなどの製造業と観光業が主な産業で、域内の大部分で歴史的景観が保たれている。15世紀に建てられた2棟の教会、17世紀に築かれた城壁、城門、塔(写真)、役所が主な観光スポットである。

目次

行政編集

議会の定数は17で、勢力分野は次の通り。

公共交通編集

ホールンやアムステルダムとの間に鉄道が通っており、アムステルダム中央まで乗り継ぎ無しで1時間ほどで着く。夏にはスタフォーレンメデンブリクユルクとの間でフェリーも運航され、徒歩での旅行者や自転車愛好家が利用する。

出身有名人編集

  • リューカス・ヤンスゾーン・ヴァヘネール(1533年 - 1606年) 地図学者
  • パウルス・ポッテル(1625年 - 1654年) 画家
  • ヘリト・ザーム(1952年 - ) 元金融相
  • ヴィーダ・マゼレーヴ(1953年 - ) 競泳選手

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

外部リンク編集