エンゲルベルト・ヨリッセン

エンゲルベルト・フランツ・ヨリッセン(Engelbert Jorissen、男性、1956年8月14日 - 2013年3月21日)は、ドイツ・ブリュッゲン(Brüggen)生まれの比較文学者、元京都大学教授。ドイツ語、日本語英語ラテン語ギリシア語フランス語イタリア語スペイン語ポルトガル語を解する。

経歴編集

1975年にドイツのフィアゼン(Viersen)高校を卒業した後、ドイツ・ケルン大学に入学。専攻はラテン語、ギリシア語、ドイツ文学、ロマンス文学、教育学、日本学。1983年にロマンス文学、ポルトガル文学、日本文学において、ケルン大学博士号取得。博士論文のタイトルは"Das Japanbild im 'Traktat' (1585) des Luis Frois" (ルイス・フロイスの論文(1585)における日本像)。

1983年から1988年までケルン大学ロマンス文学部の研究協力員として勤務した後、1983年から1988年まで京都市立芸術大学で勤務、1988年から1993年までケルン大学助手、1993年から2013年まで京都大学で勤める。2013年3月21日、敗血症のため大阪府の病院で死去[1]

著書編集

翻訳編集

イルミヤフ ヨベル著 『スピノザ 異端の系譜』(小岸 昭、細見 和之と共同翻訳) (人文書院、1998年)

脚注編集

  1. ^ ヨリッセン・エンゲルベルト氏死去 京都大教授 京都新聞 2013年3月21日