メインメニューを開く

エンゴロ・カンテN'Golo Kanté1991年3月29日 - )は、フランスイル=ド=フランス地域圏パリ出身のサッカー選手プレミアリーグチェルシーFC所属。ポジションはMFフランス代表

エンゴロ・カンテ Football pictogram.svg
Ngolo Kante 2017.jpg
チェルシーでのカンテ(2017年)
名前
ラテン文字 N'Golo KANTÉ
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
マリ共和国の旗 マリ
生年月日 (1991-03-29) 1991年3月29日(28歳)[1]
出身地 リュエイユ・マルメゾン
身長 169cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション MF
背番号 7
利き足
ユース
2001-2010 フランスの旗 シュレンヌ
2010-2011 フランスの旗 ブローニュ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013 フランスの旗 ブローニュ 38 (3)
2013-2015 フランスの旗 カーン 75 (4)
2015-2016 イングランドの旗 レスター・シティ 37 (1)
2016- イングランドの旗 チェルシー 107 (6)
代表歴2
2016- フランスの旗 フランス 20 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月21日現在。
2. 2017年10月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

ブローニュ編集

10歳の時に教師に勧められサッカーを始め[2]、2001年に入団したシュレンヌのユースで9年間を過ごした。2010年にブローニュのユースへ移籍。2012年5月18日に行われたリーグ・ドゥASモナコ戦でトップチームデビューを果たした[3]が、クラブはシーズンを19位で終えたため、フランス全国選手権(3部)への降格を余儀なくされた。2012-13シーズンには主力選手として37試合3得点を記録し、評価を高めた。

カーン編集

2013年にリーグ・ドゥに所属していたカーンへ移籍。2013-14シーズンには38試合に出場し2得点を挙げ、カーンのリーグ・アン昇格に貢献した。

レスター・シティ編集

2015年8月3日にレスター・シティへ移籍が決定し、4年契約を結んだ。移籍金額は公表されていないが、800万ユーロと報じられた[4][5]。2015年11月7日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-1で勝利したワトフォード戦でプレミアリーグ初ゴールを記録した[6]。カンテは多くのタックル数やインターセプト数を記録し、レスター・シティにおける安定した活躍は多くの解説者から称賛され、2015-16シーズンのレスターのプレミアリーグ初優勝の要因の一つであると考えられた[7][8]。また活躍が認められ、プレミアリーグの年間ベスト11に選ばれた[9]

チェルシー編集

2016年7月16日、チェルシーに5年契約で完全移籍することが発表された。[10] 移籍金は約3200万ポンド(約44億3000万円)とされている[11]。 古巣レスターとの初の試合ではマンオブザマッチに選ばれる活躍を見せ、[12]10月23日のマンチェスターU戦にてチェルシーでの初ゴールを決めた。[13]2017年4月には、2年連続のプレミアリーグの年間ベスト11に選出され[14]、PFAの年間最優秀選手賞[15]、FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞する程の活躍をみせ[16]、チェルシーの2年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。なお、カンテにとっては2年連続別チームでのプレミアリーグ優勝となった。

18-19シーズンは、新監督マウリツィオ・サッリの戦術により、アンカーのポジションにはパスの捌きが特徴である新加入のジョルジーニョが据えられたため、カンテはマテオ・コヴァチッチロス・バークリーと組んで1列前のポジションで起用されることとなった。プレミアリーグ開幕戦となったハダースフィールド戦ではチェルシーのシーズン初の得点となる先制ゴールを決め、開幕戦の勝利を助けた。慣れない立ち位置でのプレーとなったが、このシーズンはリーグ戦通算36試合に出場し、4得点を記録している。

代表経歴編集

 
フランス代表でのカンテ(2018年)

アンダー世代ではフランス代表マリ代表ともに招集された経験はなかったが、レスターでの活躍が認められ、ディディエ・デシャン監督によって2016年3月にフランス代表に初招集。2016年3月25日に行われたオランダ戦で代表デビューを果たし、4日後の3月29日に行われたロシア戦で代表初得点を記録した。UEFA EURO 2016に出場、決勝ではベンチとなり出場機会は無かった。

2018 FIFAワールドカップロシア大会にも出場、全試合に出場し、決勝のクロアチア戦では、前半途中にイエローカードを受け、更に体調不良やルカ・モドリッチとのマッチアップに苦慮した影響で後半途中交代となったが、フランスのワールドカップ優勝に大きく貢献した。

人物・プレースタイル編集

  • ピッチの広範囲をカバーする圧倒的な運動量を持ち、ボール奪取のスペシャリスト、ボールを刈り取ってカウンターの起点となり、フィニッシュにまで絡むことができる。[17]
  • 非常にシャイな性格で、ワールドカップの優勝セレモニーでは自分からトロフィーを触りに行くことが出来なかった[18]
  • プロサッカー選手になる以前は会計士の勉強もしていた[19]
  • ブローニュ在籍時、クラブの練習に通う際には、スクーターか徒歩を使用していた[20]
  • 11歳の時に父親を、2018年のロシアW杯開幕前に兄が亡くなっている[21]

個人成績編集

2016年7月23日現在[22][23]
クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 UEFA トータル
ディヴィジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブローニュ 2011-12 リーグ・ドゥ 1 0 0 0 0 0 - - 1 0
2012-13 フランス全国選手権 37 3 2 1 0 0 - - 39 4
トータル 38 3 2 1 0 0 0 0 40 4
カーン 2013-14 リーグ・ドゥ 38 2 4 1 1 0 - - 43 3
2014-15 リーグ・アン 37 2 1 1 1 0 - - 39 3
トータル 75 4 5 2 2 0 0 0 82 6
レスター・シティ 2015-16 プレミアリーグ 37 1 1 0 2 0 - - 40 1
チェルシー 2016-17 プレミアリーグ 35 1 4 1 1 0 - - 0 0
2017-18 34 1 5 0 2 0 6 0 47 1
キャリア合計 184 9 13 3 8 0 6 0 209 12

代表編集

出場大会編集

試合数編集

国際Aマッチ 33試合 1点(2017年- )


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
2016 11 1
2017 6 0
2018 14 0
2019 2 0
通算 33 1

代表での得点編集

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2016年3月25日  アムステルダムアムステルダム・アレナ   ロシア 1–0 4–2 国際Aマッチ

獲得タイトル編集

チーム編集

レスター・シティFC
チェルシーFC

代表編集

個人編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c Premier League Player Profile N'Golo Kanté”. Barclays Premier League (2016年). 2016年2月14日閲覧。
  2. ^ 優しくて控えめ…“傲慢”とは無縁のスター、ヌゴロ・ カンテの原点に迫る/コラム - 2017年2月2日 Goal.com
  3. ^ US Boulogne vs. Monaco - 18 May 2012 - Soccerway”. soccerway.com. 2016年2月14日閲覧。
  4. ^ “Leicester City: N'Golo Kante signs from Caen”. BBC Sport. http://www.bbc.com/sport/0/football/33762524 2016年2月14日閲覧。 
  5. ^ Leicester sign N'Golo Kante from Caen but Charles Aranguiz not keen”. ESPN FC (2015年8月3日). 2016年2月14日閲覧。
  6. ^ “Leicester City: Leicester beat Watford”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/34686912 2016年2月14日閲覧。 
  7. ^ “Jamie Carragher: Leicester's N'Golo Kante has impressed me more than Arsenal's Petr Cech”. Daily Express. (2016年1月1日). http://www.express.co.uk/sport/football/630615/Jamie-Carragher-Leicester-N-Golo-Kante-impressed-more-Arsenal-Petr-Cech-News-Gossip 2016年2月14日閲覧。 
  8. ^ Hafez, Shamoon (2016年1月23日). “Leicester 3-0 Stoke”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/35331047 2016年2月14日閲覧。 
  9. ^ “PFA awards: Leicester and Spurs dominate Premier League team”. BBC Sport. (2016年4月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/36106596 2017年4月21日閲覧。 
  10. ^ カンテ加入 - chelseafc.com 2016年7月16日
  11. ^ [1] - skysports 2016年7月16日
  12. ^ Chelsea condemned defending Premier League champions Leicester to a fourth consecutive away defeat with a dominant display at Stamford Bridge.”. BBC.com (2016年10月15日). 2017年4月16日閲覧。
  13. ^ Jose Mourinho was humiliated on his return to Chelsea as his former club blew away his Manchester United side at Stamford Bridge.”. BBC.com (2016年10月15日). 2017年4月16日閲覧。
  14. ^ “PFA teams of the year: Chelsea and Tottenham dominate Premier League XI”. BBC. (2017年4月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39648483 22 April 2017閲覧。 
  15. ^ “Men’s PFA Players’ Player of the Year 2017”. The Professional Footballers Association. (2017年4月13日). https://www.thepfa.com/news/2017/4/13/pfa-mens-players-player-of-the-year 
  16. ^ N’Golo Kante is Footballer of the Year”. Football Writers' Association. FWA. 2017年5月8日閲覧。
  17. ^ https://www.footballista.jp/column/40555
  18. ^ W杯優勝のカンテ、シャイすぎてトロフィー持てず…その時、助けてくれた優しい選手とは”. Qoly. 2018年12月30日閲覧。
  19. ^ 会計士も目指していたカンテ、プレミア制覇まで上り詰めた男の過去とは”. ゲキサカ. 2018年12月31日閲覧。
  20. ^ 「相手にとって邪魔でしかない」カンテの存在。”究極の黒子役”の原点は少年時代にあり | ジュニアサッカーを応援しよう!”. jr-soccer.jp. 2019年5月17日閲覧。
  21. ^ フランス代表カンテ、W杯前に兄が死去していた”. Qoly. 2019年5月17日閲覧。
  22. ^ N. KANTÉ”. Soccerway. 2016年2月14日閲覧。
  23. ^ N'Golo Kante”. Soccerbase. 2016年2月14日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク編集