メインメニューを開く

エンテロコッカス・ファエカリス

エンテロコッカス・ファエカリスEnterococcus faecalis)は、グラム陽性芽胞非運動性の通性嫌気性の乳酸菌である。動物消化器官の常在菌で、ほとんどの健康な人にもみられる一方、まれに尿路感染症敗血症を引き起こすことがある。抗生物質耐性を備えたE. faecalisが医療現場で問題となっている[1]

エンテロコッカス・ファエカリス
Enterococcus faecalis20023-300.jpg
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フィルミクテス門 Firmicutes
: バシラス綱 Bacilli
: ラクトバシラス目 Lactobacillales
: エンテロコッカス科 Enterococcaceae
: エンテロコッカス属 Enterococcus
: E・ファエカリス Enterococcus faecalis
学名
Enterococcus faecalis
(Andrewes and Horder 1906) Schleifer and Kilpper-Bälz 1984

球菌で、しばしば双球菌、または短い連鎖球菌の形をとり、かつてはStreptococcusとされていた。1984年に本菌をタイプ種とするエンテロコッカス属が設置され、Enterococcus faecalisとなり、現在に至る[2]

出典編集

  1. ^ Sherris Medical Microbiology (4th ed.). McGraw Hill. (2004). pp. 294––5. ISBN 0-8385-8529-9. 
  2. ^ Karl H. Schleifer and Renate Kilpper-Bälz (1984). “Transfer of Streptococcus faecalis and Streptococcus faecium to the Genus Enterococcus nom. rev. as Enterococcus faecalis comb. nov. and Enterococcus faecium comb. nov.”. International Journal of Systematic Bacteriology 34 (1): 31-34. 

関連項目編集