エンデュミオーン

エンデュミオーン古希: Ἐνδυμίων, Endymiōn)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してエンデュミオン英語読みでエンディミオンとも表記される。エーリス地方の王。美男子として知られ、女神セレーネーとの悲話で有名である。

セバスティアーノ・リッチ英語版『セレネとエンデュミオン』(1713年)。ロンドンチズウィックハウス所蔵。
エンデュミオーンが眠るとされたカーリア地方のラトモス山。

神話編集

家族構成編集

エンデュミオーンは、ゼウスの息子アエトリオスアイオロスの娘カリュケーとの息子、あるいはゼウスの息子とされる[1]。妻は水のニュンペーあるいはイーピアナッサ[2]、またあるいはアステロディアとも、アムピクテュオーンの子イトーノスの娘クロミアーとも、アルカディアアルカスの娘ヒュペリッペーともいわれ、その間に息子アイトーロスパイオーンエペイオスと、娘エウリュキュダーのほか、エーリスの伝承では50人の娘をもうけたとされる[3]。また、ピーサも娘とされることがある。50人の娘がいるとされるのは、オリンピアードの期間が50か月であるためだと考えられている。一説には50人の娘を除く、セレーネーとの間にナルキッソスを生んだ[4]

栄光編集

エンデュミオーンはテッサリアー地方からアイオリス人を率いてエーリス地方に到達し、エーリス王となった。息子達には王位を競技によって争わせ、次の王位についたのはエペイオスであった[5]。また、オリュンピアからクレータクリュメノスを追い払って、その王位も奪った。

悲恋編集

ルキアーノスの『神々の対話』によると、セレーネーはある日、山で寝ていたエンデュミオーンの美しさに魅了されて恋に落ちた。それ以来、セレーネーは地上で眠るエンデュミオーンを空の上から眺め、ときには地上に降りて、エンデュミオーンが目を覚まさないようにそっと爪先で近づき、眠っている顔を間近で見つめるという[6]。しかし不死の神とは異なり、老いていくエンデュミオーンに耐えきれなくなった彼女は、ゼウスに彼を不老不死にするように頼んだ。ゼウスはその願いを聞き入れ、彼を永遠の眠りにつかせた(一説によればセレーネー自身が行ったともされる)。以降、毎夜セレーネーは地上に降り、眠るエンデュミオーンのそばに寄り添っているという。

エンデュミオーンが眠る場所は通常ペロポネーソスとされるが、一説によれば小アジアカーリア地方のラトモス山とされる[7]。そのため、エンデュミオーンの墓はエーリス地方とラトモスの両方にあった。カーリア地方のヘーラクレース山の人々は、彼のためにラトモス山に神殿を建てた。また、セレーネーとアルテミスが同一視されるようになってからは、恋の相手はアルテミスとされるようにもなった。一説にはゼウスによって天界に連れて行かれたエンデュミオーンはヘーラーに恋をしたり、そしてヘーラーの似姿を作った雲に惑わされることで冥府に落された(一般的にはイクシーオーンについての神話である)[8]

系図編集

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
パイオーン
 
 
 
アミュターオーン
 
エペイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
カリュドーン
 
アイオリアー
 
ヒュルミナー
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アレース
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
 
アポローン
 
デーモニーケー
 
アレース
 
オクシュロス
 
エウリュトスモリオネ
 
クテアトスモリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
ストラトニーケー
 
メラネウス
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テルシーテース
 
 
 
 
 
 
 
エウリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
 
 
アルタイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
アンドライモーン
 
ゴルゲー
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アムピアラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
アイギアレイア
 
ヒュロス
 
 
 
トアース
 
プローテシラーオス
 
ポリュドーラー
 
 
 
 
 
ヘルミオネー
 
 
 
 
 


ギャラリー編集

 
アンヌ=ルイ・ジロデ=トリオゾンの絵画『エンデュミオンの眠り』(1791年)。ルーヴル美術館所蔵。
 
ジョージ・フレデリック・ワッツ『ディアナとエンデュミオン』(1891年)。ロンドンテートギャラリー所蔵。

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・5。
  2. ^ アポロドーロス、1巻7・6。
  3. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  4. ^ ノンノスディオニュソス譚』48巻582行。
  5. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  6. ^ ルキアノス『神々の対話』11話。
  7. ^ パウサニアス、5巻1・5。
  8. ^ ヘーシオドス断片11(『アルゴナウティカ』4巻57行への古註)。

参考文献編集