メインメニューを開く

エンドア/魔空の妖精』(Ewoks: The Battle for Endor)は映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品で、1985年テレビ映画として制作された。

エンドア/魔空の妖精
Ewoks: The Battle for Endor
監督 ケン・ウィート
ジム・ウィート
脚本 ケン・ウィート
ジム・ウィート
原案 ジョージ・ルーカス
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
出演者 オーブリー・ミラー
ワーウィック・デイヴィス
ウィルフォード・ブリムリー
音楽 ピーター・バーンスタイン
撮影 イシドア・マンコフスキー
編集 ILM
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年11月24日
日本の旗 1987年3月21日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 イウォーク・アドベンチャー
テンプレートを表示

ヨーロッパや日本では劇場公開された。DVD化された際のタイトルは『スター・ウォーズ/イウォーク・アドベンチャー 決戦!エンドアの森』。

舞台背景

『スター・ウォーズ』シリーズでは『エピソード5/帝国の逆襲』と『エピソード6/ジェダイの帰還』の間の時期に位置し、ルークら反乱同盟軍とウィケットらイウォーク族が出会う以前の物語となる。

「森の月」と呼ばれる惑星エンドアを舞台とするイウォーク族をメインキャラクターに据えた2つのスピンオフ作品のうちの2作品目で、1作目のスピンオフ作品『イウォーク・アドベンチャー』の6ヶ月後の話となる。

あらすじ

魔王テラクと魔女シャラルの一味がイウォークの村を襲撃し、シンデルの両親と兄は殺されてしまう。シンデルとウィケットは逃げ延び森の中でノアという老人と出会う。

キャスト

(俳優名/役名)

スタッフ

  • 監督:ケン・ウィート、ジム・ウィート
  • 製作:ジョージ・ルーカス
  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 音楽:ピーター・バーンスタイン
  • 放送局:米ABC

日本語吹替

役名 DVD VHS テレビ
シンデル(妹) 金田朋子
ウィケット 島香裕 千葉繁
メイス(兄) 水島大宙
ジェレミット(父) 富山敬
ノア 緒方賢一 永井一郎
ウィドル なし
テラク 郷里大輔
シャラル

テレビ版は冒頭に女性のナレーションが入る。エンディングは日本語のオリジナル曲が流れる。

外部リンク