エンパイア シティ:1931』 (EMPIRE CITY:1931) は、1986年に稼動開始されたアーケードゲーム。ジャンルはガンシューティングゲームセイブ開発が開発し、タイトーから販売された。

エンパイア シティ:1931
ジャンル ガンシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 セイブ開発
発売元 セイブ開発
販売元 日本 タイトー
アメリカ合衆国 Romstar
プロデューサー 濱田均
人数 1人
メディア 業務用基板
(650.00キロバイト
稼働時期 INT 1986121986年12月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 3 MHz)
サウンド Z80 (@ 3 MHz)
YM2203 (@ 1.500 MHz)×2
MSM5205 (@ 384 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット257色
テンプレートを表示

後に欧州では『Prohibition』のタイトルでAmstrad CPCAtari STコモドール64PC/AT互換機Thomson TO8ZX Spectrumなどの機種に移植され、日本国内では『マグナム危機一髪 エンパイアシティ - 1931』のタイトルでファミリーコンピュータMSXに移植された。

概要編集

全8ラウンドのループゲーム。 8方向ジョイスティックと2ボタンでプレイヤーの照準を操作しながら敵を倒していく。ボタンはそれぞれ射撃と回避に割り当てられている。照準を画面端まで動かすことで、視点を上下左右にスクロールでき、左右は室内のラウンドを除きつながっている。

プレイヤーはゲーム開始時に弾丸を170発持っており、残り数はゲージとして画面の下部に表示されている。背景に配置された小箱を壊すとアイテムが出現する。弾を補充できたり、金塊が出現して撃つことでボーナス点数が入ったりする。

敵は背景のどこかから現われる。各ステージで出現位置と順番は固定されている。画面外に現われることもあり、その場合は方向指示が表示されるので素早く照準を移動して探す必要がある。視点が敵に接近し、敵が撃とうとすると、画面右下に発砲までのカウントダウンが現れる。発砲カウントが0になる前に敵を撃つと倒すことができる。発砲カウントが0になるとその瞬間に敵がプレイヤーに向けて発砲し、被弾してミスになってしまう。敵は1発で倒せるが、倒れている途中に何発も撃つと撃ち込み点が入る。ラウンド内のすべての敵を倒すとラウンドクリアで、残り弾数に応じてボーナス点が入る。

敵の発砲に間に合わない場合は、回避ボタンを押すことによって、プレイヤーは回避行動をとることができる。回避行動はボタンを押してから約0.5秒継続し、この間は発砲カウントが0になっても、弾を回避したことになりミスとならない。敵の発砲を回避するとカウントダウンは最初のカウントから繰り返し行われる。回避行動をとると弾丸を2発ずつ消費するため、無限に回避し続けることはできない。また、回避行動中は画面全体に回避するプレイヤーの姿が表示されて画面の大部分が隠れるうえ、照準が特定の方向に勝手に動き、操作がきかなくなる。

マシンガンを撃ってくる敵もおり、これは回避しても発砲カウントが0の状態を維持するため、回避後はただちに再び回避するか倒さないとすぐに被弾してしまう。

女性を人質にとった敵も出現し、敵を撃つことで女性を救出できるが、女性を誤射すると減点されてしまう。こちらにも撃ち込み減点があり、画面から消えるまでに何発も女性を撃ってしまうとその分だけ減点される。

敵に接近しない場合は発砲のカウントダウンが始まらないが、この状態がしばらく続くと、敵に接近して発砲カウントが開始するまで、弾丸が1秒に1発ずつ減っていってしまう。

カウントが0になってプレイヤーが被弾するか、弾丸が無くなるとミスとなり、プレイヤーの残り人数を1失う。残り人数をすべて失うとゲームオーバー。

ラウンド8のクリア後、最終ボスを狙撃するシーンとなる。これは10カウント以内に一発で狙わないと即座にミスとなり、ラウンド8を最初からやり直しになる。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 Prohibition   1987年
Amstrad CPC
Atari ST
コモドール64
PC/AT互換機
Thomson TO8
ZX Spectrum
インフォグラム インフォグラム フロッピーディスク - -
2 マグナム危機一髪
エンパイアシティ - 1931
  198712251987年12月25日
ファミリーコンピュータ I.S.I. 東芝EMI 1メガビット+64キロRAMロムカセット[1] FS-2007G
(TFS-MG)
-
3 マグナム危機一髪
エンパイアシティ - 1931
  1988年
MSX I.S.I. 東芝EMI ロムカセット PS-2024G -

スタッフ編集

ファミリーコンピュータ版
  • プロデュース:濱田均、M.KOYAMA、S.MUKAIMURA
  • ディレクター:でぐちとしひこ、Y.NAKANISHI、Y.KANO
  • プログラム:たかのたくみ、M.SEKINE、Y.KIMURA
  • 音楽:浅倉大介
  • スペシャル・サンクス:DAC

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games10/10点 (ST)[2]
Aktueller Software Markt8.5/12点 (CPC)[3]
10/12点 (ST)[2]
Commodore User4/10点 (C64)[4]
ファミリーコンピュータMagazine15.40/30点 (FC)[1]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、15.40点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.69 2.46 2.70 2.47 2.33 2.75 15.40

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 232頁。
  2. ^ a b Prohibition for Atari ST (1987)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2017年5月6日閲覧。
  3. ^ Prohibition for Amstrad CPC (1987)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2017年5月6日閲覧。
  4. ^ Prohibition for Commodore 64 (1987)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2017年5月6日閲覧。

外部リンク編集