メインメニューを開く

エンリケ・シャディアック(Enrique Chediak、1967年 - )は、エクアドル撮影監督である[2]。日本語では「エンリケ・チェディアク」とも表記される[3]

エンリケ・シャディアック
Enrique Chediak
本名 Enrique Proper Chediak[1]
生年月日 1967年
出身地 エクアドルの旗 エクアドル キト
職業 撮影監督
ジャンル 映画テレビ映画テレビドラマ
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1967年、キトに生まれる[1]スペインマドリードで写真を学び、チリサンティアゴでコミュニケーション学を学んだのち、ニューヨーク大学で映画を学んだ[1]。『グッド・ガール』や『28週後...』、『127時間』などの作品で撮影を手がけている[4]

フィルモグラフィー編集

特記のない作品は撮影のみを担当。

長編映画編集

短編映画編集

  • El Rio (1999年) - 監督

テレビ映画編集

  • レックス・ザ・チャンプ/無敗の帝王 Undefeated (2003年) - 撮影・製作総指揮

受賞編集

脚注編集

  1. ^ a b c Enrique Chediak”. Internet Encyclopedia of Cinematographers. 2019年3月27日閲覧。
  2. ^ Ecuadoran Cinematographer Enrique Chediak Making A Splash In Hollywood”. Fox News (2013年10月28日). 2019年3月27日閲覧。
  3. ^ 消えた天使”. INTRO (2007年8月3日). 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ Cave Dwellers: 127 Hours DPs Anthony Dod Mantle and Enrique Chediak”. Filmmaker Magazine (2011年11月6日). 2019年3月28日閲覧。
  5. ^ Sundance: 'Sunday' best”. Variety (1997年1月26日). 2019年3月27日閲覧。
  6. ^ "Girls Like Us"; "Sunday" Take Top Sundance Prizes”. IndieWire (1997年1月26日). 2019年3月27日閲覧。
  7. ^ "Social Network," "127 Hours" Tie For Utah Critics' Top Honors”. IndieWire (2010年12月23日). 2019年3月27日閲覧。

外部リンク編集