エンリケ・ホリン

エンリケ・ホリン(Enrique Jorrín、1926年12月25日 - 1987年12月12日)は、キューバチャランガ英語版のヴァイオリニスト、作曲家、音楽監督。ピナール・デル・リオカンデラリア英語版に生まれ、ハバナで没した。ホリンは、ダンソン英語版から派生した人気の高いダンス音楽、チャチャチャ英語版の創始者と目されてい[1]

経歴編集

ホリンがまだ幼い頃、一家はハバナのエル・セロスペイン語版に移り住み、ホリンはそのまま一生の大部分を当地で過ごした。12歳のとき、音楽に興味を持ったホリンは、ヴァイオリンを学ぶことを決意した。その後、ハバナの市立音楽院 (Conservatorio Municipal de La Habana) で音楽を学んだ。

音楽家としてのスタートは、エンリケ・ゴンサレス・マンティシドイツ語版が音楽監督を務めていたキューバの国立音楽院 (Instituto Nacional de Música) オーケストラのヴァイオリニストであった。1941年、ホリンはエルマノス・コントレラス (Hermanos Contreras) というダンソネラ(danzonera:ダンソン楽団)に加わった。以降、ホリンはポピュラー音楽への関心をもつようになった。次にホリンは、アントニオ・アルカーニョ英語版が率いる有名なチャランガ楽団アルカーニョと彼のマラビラス (Arcaño y sus Maravillas) に参加した。

1950年代前半に、ニノン・モンデハル (Ninón Mondéjar) のオルケスタ・アメリカ英語版の一員であったときに、ホリンは新しいダンス音楽のジャンルを編み出し、やがてそれば「チャチャチャ」として知られるようになった。

1954年から1958年にかけて、ホリンはメキシコに住んでいた。1964年には、自らの楽団オルケスタ・デ・エンリケ・ホリン (Orquesta de Enrique Jorrín) を率いて、アフリカヨーロッパのツアーを行った。1964年以降、ホリンはキューバのレコードレーベルであるEGREMスペイン語版で、多数の吹き込みを行なった。

1974年、ホリンは、新たなチャランガ楽団を結成し、メンバーに歌手のティト・ゴメススペイン語版とピアニストのルベン・ゴンサレス英語版を加えた。この楽団はその後も存続しており、ハバナで活動を続けており、ホリンの楽曲を数多くレパートリーとしている。

音楽家との業績を積み上げるかたわら、ホリンは、甥のオマール・ホリン・ピネダを育て、やがてピネダは長じてピアニストとして楽団に加わった。その後、ピネダは、アメリカ合衆国ニュージャージー州ユニオンシティのキューバ人コミュニティに移り住んだ。

おもな作品編集

ホリンの多数の作品の中には、以下が含まれている。

ダンソン編集

  • Hilda
  • Liceo del Pilar
  • Central constancia
  • Doña Olga
  • Silver Star

チャチャチャ編集

  • Arpeando el Cha-cha-chá - ミリアム・デ・シンカ (Miriam de Cinca) のハープ伴奏
  • La engañadora
  • El alardoso
  • El túnel
  • Nada para ti
  • Osiris
  • Me muero

ホリンが作詞・作曲した「Milagros del Cha Cha Cha」は、1950年代半ばの日本で、日本語による歌唱で普及した。音羽たかし名義の訳詞により「チャチャチャはすばらしい」として江利チエミが歌い[2]、これとは異なるコロリダス名義(井田誠一)の訳詞により「チャチャチャは素晴らしい」として雪村いづみも歌った[3][4]

ディスコグラフィ編集

  • Orquesta Enrique Jorrín; "Por Siempre Jorrín"; Egrem CD-0644

脚注編集

  1. ^ Enrique Jorrín: creator of the cha cha chá”. Descarga.com (2002年5月13日). 2014年9月9日閲覧。
  2. ^ チャチャチャはすばらしい”. 4E Insitute, Limited. 2016年6月27日閲覧。
  3. ^ チャチャチャは素晴らしい(Milagros Del Cha Cha Cha)”. 国立国会図書館. 2016年6月28日閲覧。
  4. ^ チャチャチャは素晴らしい”. KKBOX. 2016年6月27日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集