メインメニューを開く

エンリコ・チェケッティ

1921年、ロンドンにて

エンリコ・チェケッティ (Enrico Cecchetti 1850年6月21日 - 1928年11月13日) は、イタリアバレエダンサー、教育者。

ダンサーの両親のもと、ローマの劇場の楽屋で生まれる。両親はダンサーになることを望まなかったが、踊ることを忘れられず、13歳でフィレンツェのバレエスクールに入学し、イタリア派の技巧を叩き込まれた。 バレエダンサーとしては16歳でデビュー。1885年スカラ座でプリモバレリーノに昇進。1887年にサンクトペテルブルクバレエ団(現マリインスキー・バレエ)と契約し、1890年には副メートル・ド・バレエに就任する。その3年後には付属バレエ学校で教えるようになる。

1902年ワルシャワのバレエ学校に転任するが、1906年にレニングラードに戻り、学校を開く。 1910年セルゲイ・ディアギレフに協力しバレエ・リュスに参加。ダンサーたちに基本的なバレエの訓練を施す一方、『火の鳥』の魔王カスチェイ、『ペトルーシュカ』の魔術師などを演じる。

その後ロンドンで教室を開いた後、イタリアに帰国し1925年からスカラ座バレエ学校の校長に就任した。

1928年、レッスン中に体調を崩し、帰宅後死去した。

チェケッティは20世紀を代表する多くのバレエダンサーに教えている。特に有名な人物は、アンナ・パヴロワヴァーツラフ・ニジンスキータマーラ・カルサヴィナレオニード・マシーンセルジュ・リファールニネット・ド・ヴァロアなど。特にパヴロワの信任は厚く、レニングラードのプリマバレリーナ時代、専属講師として私費で迎え入れるほどだった。

チェケッティ・メソッド編集

チェケッティの名を冠したこの有名なバレエ教授法は、イタリア派の特徴ともいうべき、強力な回転と跳躍を軸とした高度で華やかな技術を特色とする。

死後設立されたチェケッティ評議会などに受け継がれている。