エンリコ・ピエラヌンツィ

エンリコ・ピエラヌンツィ[1]Enrico Pieranunzi、1949年12月5日 - )は、イタリアのジャズ・ピアニストである。彼はジャズとクラシック音楽のテクニックを融合させている[2]

エンリコ・ピエラヌンツィ
Enrico Pieranunzi
Enrico Pieranunzi01 39178.jpg
エンリコ・ピエラヌンツィ(2010年)
基本情報
生誕 (1949-12-05) 1949年12月5日(71歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
ジャンル ジャズ
クラシック音楽
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
活動期間 1975年 -
レーベル Soul Note、Philology、Egea、Challenge、CAM Jazz
公式サイト www.enricopieranunzi.it

略歴編集

レナタ・ブリランティーニとアルヴァロ・ピエラヌンツィの息子であるピエラヌンツィは、幼い頃から音楽を学ぶようしつけられた。彼の父親はジャズ・ギタリストだった。1973年に、音楽の教授となり、その役職を全うする2年間にクラシック音楽を学んだ。1975年、彼は指導する立場を離れ、トリオや小さなアンサンブルで演奏するようになった。彼はこれまでに60枚以上のアルバムを録音している。また、セッション・ミュージシャンとしても多作である。

セッション・ワーク編集

とりわけ、フランク・ロソリーノ、サル・ニスティコ、ケニー・クラークジョニー・グリフィンチェット・ベイカージョーイ・バロンアート・ファーマージム・ホールマーク・ジョンソン、リー・コニッツ、フィル・ウッズ[3]、ビル・スミス、チャーリー・ヘイデンマッズ・ヴィンディング英語版、トーマス・フォネスベック、ビリー・ヒギンスといった面子と一緒にパフォーマンスを行ってきた。1975年に最初のLPを発表。ヨーロッパとアメリカのジャズ・フェスティバルで、彼自身のグループを率いて広く演奏を行った。彼はいくつかの映画のスコアも作曲している。

受賞歴編集

  • 1982年 - アルバム『Isis』への批評家賞 - Soul Note(エンリコ・ピエラヌンツィ・カルテット & クインテット・フィーチャリング・アート・ファーマー)
  • 1983年 - ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー、ムジカ・ジャズ・アニュアル・ポール(ダンドレア、ラヴァ、ウルバーニ、トロヴェシ、ガスリーニ、バニョーリと共に)
  • 1988年 - ベスト・イタリア・グループ、ムジカ・ジャズ・アニュアル・ポール(スペース・ジャズ・トリオ)
  • 1989年 - ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー、ムジカ・ジャズ・アニュアル・ポール、ベスト・イタリアン・グループ、ムジカ・ジャズ・ポール(スペース・ジャズ・トリオ)
  • 1995年 - ベストCD・オブ・ザ・イヤー・ミュージック & ディスク 『Flux & Change』ポール・モチアンとのデュオ(Soul Note)
  • 1996年 - チョック・デ・ランネ・オブ・ジャズマン - CD『The Night Gone By』
  • 1997年 - 「ジャンゴ・ドール」ベスト・ヨーロピアン・ミュージシャン
  • 2002年 - ローマ「パラッツォ・ヴァレンティーニ」ジャズ賞
  • 2003年 - ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー、ムジカ・ジャズ・アニュアル・ポール
  • 2005年 - ギネス・ジャズ・フェスティバル、ヨーロッパ・ジャズ賞(コーク
  • 2008年 - ミュージシャン・オブ・ジ・イヤー、ムジカ・ジャズ・アニュアル・ポール(フランコ・ダンドレアと共に)
  • 2009年 - フランス・アカデミー賞、ジャズ・フランセーズ・未発表ベスト賞(『Yellow and Blue Suites』マーク・ジョンソンとのデュオ、Challenge Records)
  • 2015年 - 2014年トップ・ジャズ A Life for Jazz

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • Jazz a confronto 24 (1975年、Horo)
  • New & Old Jazz Sounds (1976年、EdiPan)
  • The Day After the Silence (1976年、EdiPan)
  • A Long Way (1978年、Carosello)
  • From Always...to Now! (1978年、EdiPan)
  • Soft Journey (1979年、EdiPan)
  • Isis (1980年、Soul Note)
  • 『ジャズ・ロード』 - Jazz Roads (1980年、CAM Jazz)
  • 『インコンセクエンス』 - Inconsequence (1982年)
  • 『ニュー・ランド』 - New Lands (1984年、Timeless) ※旧邦題『ア・チャイルド・イズ・ボーン』
  • Live at the Berlin Jazz Days '84 (1984年)
  • What's What (1985年、YVP)
  • Deep Down (1986年、Soul Note)
  • Enrico Pieranunzi Trio vol. 1 (1986年)
  • Il pianoforte senza confini (1987年、Fonit Cetra)
  • 『メレディース』 - Meridies (1988年、Gala)
  • Enrico Pieranunzi Trio vol. 2 (1988年)
  • 『ノー・マンズ・ランド』 - No Man's Land (1989年、Soul Note)
  • Just Friend's (1989年)
  • Parisian Portraits (1990年、IDA)
  • Live in Castelnuovo (1991年)
  • Triologues (1991年、YVP)
  • Elsa (1991年、Philology)
  • Untold Story (1993年)
  • 『シーワード』 - Seaward (1994年、Soul Note)
  • Trioscape, vol. 4 (1995年、YVP)
  • Live in Germany (1995年、YVP)
  • 『ナイト・ゴーン・バイ』 - The Night Gone By (1996年、AlfaJazz)
  • 『チャント・オブ・タイム』 - The Chant of Time (1997年、Alpha Jazz)
  • Ma l'amore no (1997年、Soul Note)
  • Un'alba dipinta sui muri (1998年、Egea)
  • Con infinite voci (1998年、Egea)
  • Don't Forget the Poet (1999年、Challenge)
  • Perugia Suite (1999年、Egea)
  • Daedalus' Wings (1999年、Challenge)
  • Alone Together (2000年、Challenge)
  • Live in Switzerland (2000年、YVP)
  • Racconti mediterranei (2000年、Egea)
  • Canto nascosto (2000年、Egea)
  • Multiple Choice (2000年、YVP)
  • Improvised Forms for Trio (2000年)
  • Evans Remembered (2000年、Via Veneto)
  • Plays the Music of Wayne Shorter (2000年、Challenge)
  • Live in Paris (2001年、Challenge)
  • 『カレント・コンディションズ』 - Current Conditions (2001年、CAM Jazz)
  • 『インコントロ - プレイ・モリコーネ』 - Play Morricone (2002年、CAM Jazz)
  • One Lone Star, vol. 7 (2002年)
  • Les Amants (2002年、Egea)
  • Special Encounter (2003年)
  • 『フェリーニ・ジャズ』 - Fellini Jazz (2003年、CAM Jazz)
  • 『ワルツ・フォー・ア・フューチャー・ムービー - プレイ・モリコーネ2』 - Play Morricone 2 (2004年、CAM Jazz)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン』 - Live in Japan (2004年、CAM Jazz)
  • 『バラッズ』 - Ballads (2004年)
  • As Never Before (2004年、CAM Jazz)
  • 『ドリーム・ダンス』 - Dream Dance (2004年、CAM Jazz)
  • Danza di una Ninfa (2005年)
  • Jazz Italiano Live 2006 (2006年)
  • Wandering (2007年、CAM Jazz)
  • Plays Domenico Scarlatti (2008年、CAM Jazz)
  • New York Reflections (2008年)
  • Live at Birdland (2010年、CAM Jazz)
  • 『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』 - Live at the Village Vanguard (2010年、CAM Jazz)
  • 『ストーリーズ』 - Stories (2011年、CAM Jazz)
  • Plays Bach, Handel, & Scarlatti (2011年、CAM Jazz)
  • 『パーミュテーション』 - Permutation (2012年、CAM Jazz)
  • Proximity (2013年、CAM Jazz)
  • The Music of Enrico Pieranunzi (2014年)
  • 『オテュール・デュ・マルティヌー』 - Autour de Martinu (2014年、TCB)
  • Ménage à Trois (2015年)
  • 『テイルズ・フロム・アンエクスペクテッド』 - Tales from the Unexpected (2015年、Intuition)
  • My Songbook (2016年、Forced Exposure/Via Veneto Jazz)
  • European Trio (2016年)
  • 『ニュー・スプリング - ライブ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』 - New Spring (Live At The Village Vanguard) (2016年)

連名アルバム編集

  • The Heart of the Ballad (1988年、Philology)
  • Solitudes (1988年、Philology)
  • Yellow & Blue Suites (1990年、Challenge)
  • Flux and Change (1992年、Soul Note)
  • Nausicaa (1993年、Egea)
  • Trasnoche (2002年)
  • Duologues (2004年)
  • 『ドアウェイズ』 - Doorways (2004年)
  • Live Conversations (2005年)
  • Bluestop (2013年)
  • Double Circle (2014年)
  • 『ホーム・イズ・ホエア・ザ・ハート・イズ』 - Home Is Where the Heart Is (2014年)
  • 『アメリカス~2台ピアノのための作品集~コープランド:キューバ舞曲、ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム変奏曲、他』 -Americas (2015年)

参加アルバム編集

  • Jazz a confronto 2 (1973年)
  • Jazz a confronto 16 (1975年)
  • Jazz a confronto 20 (1975年)
  • Jazz a confronto 34 (1976年)
  • Sonorities (1977年)
  • Colours (1978年、EdiPan)
  • Duo Bone (1978年)
  • Hinterland (1979年)
  • Con Alma (1980年)
  • Bass in the Sky (1981年)
  • Il rito della Sibilla (1984年)
  • Silence (1987年、Soul Note)
  • Little Girl Blue (1988年、Philology)
  • Phil's Mood (1988年、Philology)
  • Blew (1988年、Philology)
  • PianaValdambrini Sextet (1989年)
  • 『ムーン・パイ』 - Moon Pie (1987年、YVP)
  • Blue and Golden (1987年、YVP)
  • First Song (1990年、Soul Note)
  • Bella (1990年、Philology)
  • Live at the Corridonia Jazz Festival (1991年、Philology)
  • The Kingdom (1997年、Stunt)
  • Plays Rugantino (2000年)
  • Di mezzo il mare (2005年)
  • Kind of Blue All Stars (2007年)

その他のアルバム編集

  • Il bandito dagli occhi azzurri (1980年、Cerberus)
  • Autumn Song (1984年、Enja)
  • Space Jazz Trio Vol. 1 (1986年、YVP)
  • Space Jazz Trio Vol. 2 (1988年、YVP)
  • The Dream Before Us (1990年、IDA)
  • In That Dawn of Music (1993年、Soul Note)
  • Untold Story (1993年、IDA)
  • Improvised Forms for Trio (2000年、Challenge)
  • The Day After the Silence (2014年、AlfaMusic)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ エンリコ・ピエラヌンジ」の表記もある。
  2. ^ Astarita, Glenn. “Perugia Suite: review”. Allmusic. 2010年11月27日閲覧。
  3. ^ Yanow, Scott. “Enrico Pieranunzi: Biography”. Allmusic. 2010年11月27日閲覧。

外部リンク編集