エヴゲニオス2世 (コンスタンディヌーポリ総主教)

エヴゲニオス2世総主教(ギリシャ語 Πατριάρχης Ευγένιος Β΄、英語 Patriarch Eugenius II、1780年 - 1822年7月27日)は、プロヴディフに生まれた。1821年から1822年までコンスタンディヌーポリ総主教に在位。総主教に選立される前は、アンヒアロスギリシャ語名。ブルガリア語ではポモリエ)の大主教であった。

エヴゲニオス2世
コンスタンディヌーポリ総主教
教会 正教会
着座 1821年
離任 1822年
前任 グリゴリオス5世
後任 アンシモス3世
個人情報
出生 1780年
プロヴディフ
死去 1822年7月27日
テンプレートを表示

生涯編集

1821年ギリシャ独立戦争が勃発した事により、大主教達の中でエヴゲニオスは、総主教グリゴリオス5世ともどもマフムト2世によって人質に取られた。1821年4月10日にグリゴリオス5世が退位させられ総主教庁正門でトルコ人により絞首刑に処されると、獄中にあった大主教エヴゲニオスがエヴゲニオス2世として新総主教に選立された。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

先代:
グリゴリオス5世
コンスタンディヌーポリ全地総主教
1821年 - 1822年
次代:
アンシモス3世