メインメニューを開く

エーグル・アズール (Aigle Azur) は、かつて存在したフランスの民営航空会社

Aigle Azur
Aigle Azur Logo.svg
IATA
ZI
ICAO
AAF
コールサイン
AIGLE AZUR
設立 1946年
ハブ空港 パリ=オルリー空港
マイレージサービス Azur Plus
保有機材数 11機
就航地 21都市
本拠地 パライユ=ヴィエイユ=ポスト英語版
代表者 Frantz Yvelin
外部リンク https://www.aigle-azur.fr/
テンプレートを表示

概要編集

 
ダグラス DC-3

第2次世界大戦後のフランスで初の民営航空会社として、1946年ユンカース52により営業飛行を開始した。

フランスアルジェリアを結ぶ定期航空便、およびヨーロッパ各地を結ぶチャーター便を運航。航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している[1]

2000年代にはGoFastグループに入り、さらに2012年には海南航空グループが株式の48%を取得[2]、GoFastグループと並ぶ主要株主となった。またエアバスA330を導入し、長距離便への参入も計画していた[2]

2019年9月6日、全便の運航を停止し、経営破綻した[3]

保有機材編集

 
エアバス A319-100
 
エアバス A320
 
エアバス A321-100

保有機材は以下のとおり:

パートナー航空会社編集

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ a b エーグル・アズール、パリ/北京線開設へ 海南航空グループが株取得で”. フライチーム (2012年10月27日). 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ 仏航空会社が経営破綻、旅行者1万3000人が外国で立ち往生”. CNN. 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ Nos partenaires”. エーグル・アズール. 2019年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月21日閲覧。

外部リンク編集

  • 公式サイト (フランス語)(英語)(ロシア語)(ポルトガル語)