エーダム・ヴィルヘルム・モルトケ

アウグスト・エーダム・ヴィルヘルム・モルトケ伯爵(デンマーク語: August Adam Wilhelm lensgreve Moltke1785年8月25日 - 1864年2月15日)は、デンマークの首相(在任:1848年 - 1852年)。デンマークの立憲君主制は1848年に成立して、1849年6月5日にデンマーク王フレデリク7世が署名したデンマーク王国憲法で正式に定められたが、モルトケは立憲君主制下で初代首相を務めた[1]

エーダム・ヴィルヘルム・モルトケ
Adam Wilhelm Moltke.jpg
初代デンマーク首相
任期
1848年3月22日 – 1852年1月27日
君主 フレデリク7世
前任者 新設
後任者 クリスチャン・アルブレクト・ブルーメ英語版
個人情報
生誕 1785年8月25日
デンマーク デンマーク=ノルウェーフュン島イーイビェアゴーデンマーク語版
死没 1864年2月15日
デンマーク デンマークコペンハーゲン
政党 無所属
配偶者 フレゼリゲ・ルイーセ・クヌート(Frederikke Louise Knuth
マリーイ・イリサベト・クヌート(Marie Elisabeth Knuth
子供 フレデリク・モルトケデンマーク語版
クリスチャン・モルトケデンマーク語版
ヨアキム・ゴスケ・モルトケ
ギーオウギーネ・フォン・ブッフヴァルト
親族 エーダム・ゴトロプ・モルトケ(祖父)

生涯編集

エーダム・ヴィルヘルム・モルトケは1810年から1814年まで首相を務めたヨアキム・ゴスケ・モルトケの息子として、1785年8月25日にフュン島イーイビェアゴーデンマーク語版で生まれた[2][3]。父方の祖父はフレデリク5世宮内長官英語版エーダム・ゴトロプ・モルトケだった[1][4]

農業の改革者クリスチャン・コルビャアンスン英語版の影響を受けて法律家の道を諦めて国政に関わるようになり、1831年にはヨハン・スィーギスモント・フォン・ムスティング英語版の後を継いで財務相に就任した[3]。1848年にクリスチャン8世が死去したときには国務会議の傑出した成員の1人であり、同年の憲法危機では古い時代と新しい時代の架け橋になれると目された[3]。デンマークの最後と最後から2番目の絶対君主(フレデリク6世とクリスチャン8世)の名高い臣下であった者が民衆の扇動者を入閣させ(第一次モルトケ内閣英語版)、その内閣を自発的に率いたという事実が新政府に安定性と信頼を与え、彼が財務相に留任したことは戦争中のデンマークに安全を与えた[3]

第二次モルトケ内閣英語版の最中である1849年6月5日に憲法が制定された[3]。1851年7月の第三次モルトケ内閣デンマーク語版でも留任したが、デンマークを(人的同君連合から)単一の王国にする勅令に同意できないとして1852年1月27日に辞任した[3]。以降もランスティング英語版(デンマークの上院)の議員に留まったが、表面には出なくなった[3]。1855年10月2日に諮問機関であるリクスロズ英語版(枢密院)の顧問官に選出され、1863年まで務めた[3]。1864年2月15日、コペンハーゲンで死去した。ファクセ英語版カリーセ教会デンマーク語版にあるモルトケ・チャペルに埋葬された[5]

家族編集

モルトケは2度結婚した。1度目の妻はフレゼリゲ・ルイーセ・クヌート(Frederikke Louise Knuth、1797年 - 1819年)で、彼女の死後にその姉マリーイ・イリサベト・クヌート(Marie Elisabeth Knuth、1791年 - 1851年)と結婚した。1度目の結婚では子供をもうけなかったが、2度目の結婚では2男をもうけた。

脚注編集

  1. ^ a b Adam Wilhelm, Greve (count) Moltke | prime minister of Denmark” (英語). britannica.com. Encyclopedia Britannica. 2017年7月18日閲覧。
  2. ^ Dana, C.A.; Ripley, G. (1861) (英語). The new American cyclopædia. American Cyclopaedia. p. 636. https://books.google.com/books?id=DGQIAAAAQAAJ&pg=PA636&lpg=PA636 2017年7月18日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h   Bain, Robert Nisbet (1911). "Moltke, Adam Wilhelm, Count" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica (英語). 18 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 677.
  4. ^ Palsson, Gisli (2016) (英語). The Man Who Stole Himself: The Slave Odyssey of Hans Jonathan. University of Chicago Press. ISBN 9780226313283. https://books.google.com/books?id=t2asDQAAQBAJ&pg=PA69&lpg=PA69 2017年7月18日閲覧。 
  5. ^ Thomas, Alastair H. (2016) (英語). Historical Dictionary of Denmark. Rowman & Littlefield. p. 355. ISBN 9781442264656. https://books.google.com/books?id=aPq6DAAAQBAJ&pg=PA355&lpg=PA355 2017年7月18日閲覧。 
公職
新設 デンマーク首相
1848年3月22日 - 1852年1月27日
次代:
クリスチャン・アルブレクト・ブルーメ英語版
新設 デンマーク財務相英語版
1848年3月22日 - 1848年11月16日
次代:
ヴィルヘルム・スポネク英語版
新設 デンマーク海軍相デンマーク語版
1848年3月22日 - 1848年4月6日
次代:
クリスチャン・クリストファ・サートマンデンマーク語版
先代:
フレデリク・マークス・クヌートデンマーク語版
デンマーク外相英語版
1848年11月16日 - 1850年8月6日
次代:
ホルガ・クリスチャン・レーツデンマーク語版