メインメニューを開く

エーマティオーン古希: Ἠμαθίων, Ēmathiōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してエマティオンとも表記する。トローイアラーオメドーンの子ティートーノスエーオースの子で、メムノーンと兄弟[1]

エーオースはティートーノスをさらってエーマティオーンとメムノーンを生んだとされる[2]。エーマティオーンはエチオピアの王で[3]ヘーラクレースヘスペリス黄金の林檎を取りに行く冒険でアラビアを通ったときに殺された[4]。あるいはナイル川上流からエチオピアにやって来たヘーラクレースと戦争になり、殺された[5]

系図編集

ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティートーノス
 
エーオース
 
プリアモス
 
アリスベー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メムノーン
 
エーマティオーン
 
 
 
アイサコス
 
 
 


脚注編集

  1. ^ ヘーシオドス、984~985。
  2. ^ アポロドーロス、3巻12・4。
  3. ^ シケリアのディオドロス、4巻27・3。
  4. ^ アポロドーロス、2巻5・11。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻27・3。

参考文献編集