エーリヒ・フォン・ホルンボステル

エーリヒ・モーリツ・フォン・ホルンボステル(Erich Moritz von Hornbostel、1877年2月25日 - 1935年11月28日)は、オーストリアの民族音楽学者[1]

生涯編集

音楽民俗学の先駆けで、クルト・ザックスと協力してザックス=ホルンボステル分類という楽器の分類法を生み出した。

ホルンボステルは、ウィーンの音楽一家に生まれた。ホルンボステルの家はサクソン貴族だった。彼はピアノ、和声、対位法を子供の時に学んだ。しかし、彼は、ウィーン大学で科学の博士号を取得。その後、ベルリンに移った時に、カール・シュトゥンプ音楽心理学音響心理学に影響を受ける。そして、ベルリンの心理研究所でシュトゥンプの助手になる。1905年、研究所の所長になる。その時にクルト・ザックスと協力して、ザックス=ホルンボステル分類を生み出した。

1933年、国家社会主義ドイツ労働者党によって、母親がユダヤ人であったため全ての役職から解雇された。その後スイス、アメリカ、最終的にはイギリスケンブリッジ に移住する。非ヨーロッパ民族のフォークソングを精力的に録音し、アーカイブ化した。

1935年に没した[2]

脚注編集

  1. ^ Q&A(資料編)”. 国立音楽大学楽器学資料館. 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ Fritz Bose: Hornbostel, Erich M. von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 9, Duncker & Humblot, Berlin 1972, ISBN 3-428-00190-7, S. 633 f. (電子テキスト版).