メインメニューを開く

エールイタリ (Air Italy) は、イタリア航空会社

エールイタリ
Air Italy
AirItaly.png
IATA
IG
ICAO
ISS
コールサイン
AIR ITALY
設立 1963年
ハブ空港 ミラノ・マルペンサ空港
焦点空港 オルビア・コスタ=ズメラルダ空港
マイレージサービス Meridiana Club
保有機材数 13機(19機発注中)
親会社 AQAホールディングス
本拠地 イタリアオルビア
代表者 Aga Khan
外部リンク https://www.airitaly.com
テンプレートを表示

概要編集

1963年3月29日にアリサルダとして、エアタクシーおよびチャーター便航空会社としてサルデーニャの観光局の援助を得て設立された。1964年から定期便の運航を開始、その後1991年5月の臨時株主総会にてメリディアーナへ改名した。イタリア第2の航空会社である。

2006年12月にはミラノを本拠とするユーロフライの主要株主となって、2008年から同社を実質子会社化した。2010年に同社を統合し、メリディアーナ・フライとなった。また、2011年には初代エア・イタリーを傘下に収めた。

サルデーニャ島を中心に、格安航空会社としての料金設定の定期便を運航しているが、サルデーニャの住民には特別料金が適用されるなど、地域公共サービスとしての性格も併せ持っている。

2018年2月19日、ミラノでの記者会見にて初代エア・イタリーと合併し、ブランド変更に伴って新しい社名をエールイタリとすることを発表した。

2018年3月1日、エールイタリは正式に操業を開始し、メリディアーナの公式ホームページも新生エールイタリへ移行した。

就航都市編集

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在

Air Italy 運航機材一覧[1]
機材 運用機数 発注機数 座席数 エンジン 備考
C Y Total
エアバスA330-200 5 2 24 236 260 GE

CF6‐80E1A4

ボーイング767-300ERの代替機、

カタール航空から転籍

ボーイング737‐700 1 148 148 CFM

CFM56-7B22

ボーイング737MAXの運航停止

により、運航を継続中

ボーイング737‐800 4 189 189 CFM

CFM56-7B26

ボーイング737MAX8 3 17 12 174 186 CFM

LEAP-1B

ボーイング737NGの代替機、

現在、運航停止中

合計 13 19

退役済機材一覧編集

エールイタリの機材導入計画について編集

当初、エールイタリは、ボーイング737MAX8を20機、カタール航空からリースされたボーイング787‐8を30機の計50機を導入し、2022年までに機材の一新を図る予定であった。また、その繋ぎとして、2018年から2019年にA330‐200を5機、カタール航空からリースした。しかし、カタール航空においてB787‐8の置き換えとなるはずだったB787‐9の納入遅延、B737MAXの運航停止により、計画は順調に進んでいない。そのためエールイタリは、A330‐200での長距離路線拡大を決定、さらにB737MAXの発注をエアバスA320シリーズへ切り替えることも検討している。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集