メインメニューを開く

エール・コートジボワールフランス語: Air Côte d'Ivoire)はコートジボワールの航空会社。

エール・コートジボワール
Air Côte d'Ivoire
Air Côte d'Ivoire logo.png
IATA
HF
ICAO
VRE
コールサイン
COTE D'IVOIRE
設立 2012年5月15日
ハブ空港 フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港
マイレージサービス sMiles
保有機材数 10機(5機発注中)
就航地 25都市
親会社 コートジボワール政府
本拠地 コートジボワールの旗 コートジボワールアビジャン
代表者 Réné Décurey(CEO)
外部リンク http://www.aircotedivoire.com/
テンプレートを表示

概要編集

コートジボワール国のフラッグ・キャリアである。コートジボワールの最大都市アビジャンに拠点を置いている。かつてのフラッグキャリアであるエール・イボワール2011年に倒産したため、それに代って2012年11月12日より運航を開始した。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している [1]

沿革編集

コートジボワール政府が65%、エールフランス航空が20%が出資する形で2012年5月15日に設立。2011年に倒産したエール・イボワールに代わるフラッグキャリアとなった。

その後、2012年10月に最初の機材(エアバスA319)を受領し、2012年11月12日に運航を開始した。2016年現在、578人のスタッフを雇用している(内パイロットが87人、客室乗務員が174人、整備士が66人)[2]

2016年4月28日にアフリカの航空会社では初めてエアバスA320neoを発注した[3]

就航都市編集

2016年現在、国内6都市[4]、国外19都市に就航している[5]。ネットワークは西アフリカ中部アフリカを中心に展開されている。

機材編集

2016年12月13日現在、9機運用している[6][7]

発注中編集

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ Notre création - Air Côte d'Ivoire(2017年1月31日閲覧)
  3. ^ a b c Air Côte D’Ivoire orders two A320neos and two A320s - エアバス(2016年5月2日閲覧)
  4. ^ Domestic network(国際線) - Air Côte d'Ivoire(2016年5月2日閲覧)
  5. ^ Subregional network(国際線) - Air Côte d'Ivoire(2016年5月2日閲覧)
  6. ^ Air Côte d'Ivoire Fleet Details and History - Planespotters.net(2017年1月31日閲覧)
  7. ^ Notre flotte - エール・コートジボワール(2016年7月12日閲覧)
  8. ^ ボンバルディア、エール・コートジボワールのQ400発注を確定 - Flyteam(2014年8月8日閲覧)

外部リンク編集