メインメニューを開く

オイゲン・エールリッヒ

オイゲン・エールリッヒ(Eugen Ehrlich、1862年9月14日 - 1922年5月2日)は、オーストリア法学者。「法の発展の重心は社会にある」というテーゼに基づくその法研究により、マックス・ウェーバーと並ぶ法社会学の創始者となる。主著は『法社会学の基礎理論』(1913年)等。

目次

経歴編集

1862年ハプスブルク帝国の直轄領ブコヴィナの首都・チェルノヴィッツにて、ユダヤ系の弁護士の家庭に生まれる。ウィーン大学にて法学を修め、1886年法学博士、1894年ウィーン大学私講師。1897年郷里のチェルノヴィッツ大学員外教授、1901年同大学教授(ローマ法)、1906年同大学総長。1922年ルーマニアのブカレストで死去。[1]

人物編集

日本語訳編集

  • 『権利能力論』川島武宜・三藤正共訳、岩波書店、1942年、1952年、改訳1975年
  • 『法社会学の基礎理論 第一分冊』川島武宜、有斐閣、1952年、55年
  • 『法社会学の基礎理論』河上倫逸・M.フーブリヒト共訳、みすず書房、1984年
  • 『法律的論理』河上倫逸・M.フーブリヒト共訳、みすず書房、1987年

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ オイゲン・エールリッヒ:みすず書房”. www.msz.co.jp. 2018年9月20日閲覧。