オイノピオーン古希: Οἰνοπίων, Oinopiōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してオイノピオンとも表記される。キオス島の王。酒神ディオニューソスアリアドネーの息子で、トアーススタピュロス[1][2]、ペパレートス[1]、タウロボロス、ラトロミス、エウアンテースと兄弟[2]。あるいはアテーナイテーセウスとアリアドネーの息子で、スタピュロスと兄弟[3]。ヘリケーとの間に[4]、息子タロスメラース、エウアンテース、サラゴス、アタマース[5]、娘メロペー[6](あるいはアエロー[4])をもうけた。

オイノピオーンとディオニューソスを描いたアッティカ黒絵式アンフォラ。画家エクセキアスの作品、前540年から前530年頃、ヴルチ英語版出土。大英博物館所蔵。

神話編集

ディオニューソスはアリアドネーをレームノス島に連れて行ったので、オイノピオーンとその兄弟はレームノス島で生まれた[1]。成長したオイノピオーンは息子たちを連れてクレータ島からキオス島に移住した[5]シケリアのディオドーロスによると、小アジア沿岸地域の多くを支配していたラダマンテュスからキオス島の支配権を与えられた[7][8]。また父神ディオニューソスから酒造りの知識を授けられていた[7]

オイノピオーンの最も有名な物語は、狩人オーリーオーンに関するものである。それによるとオイノピオーンはオーリーオーンを客としてもてなしたが、酩酊したオーリーオーンは娘のメロペーを襲った。激怒したオイノピオーンはオーリーオーンを盲目にして海岸に捨てた。しかしオーリーオーンを憐れんだ鍛冶神ヘーパイストスからケーダリオーンを貸し与えられ、ケーダリオーンの導きで東の方角に向かい、太陽の光によって目を治癒され、視力を取り戻した[9][6][10]。オーリーオーンはオイノピオーンに復讐をしようとしたが、オイノピオーンはキオス島の住民によって地下の館に匿われたため、見つけることができなかった[10]。この館はヘーパイストスが建造したもので海神ポセイドーンがオイノピオーンのために用意したものであった[11]

パウサニアースによると、キオス島にはオイノピオーンの墓と呼ばれる名所があり、またオイノピオーンの功業に関するいくつかの物語が知られていたという[12]

系図編集

 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
 
エウローペー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレータの牡牛
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
サルペードーン
 
ラダマンテュス
 
アルクメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイゲウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノータウロス
 
 
 
 
 
 
 
 
デウカリオーン
 
アンドロゲオース
 
グラウコス
 
 
 
ディオニューソス
 
アリアドネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
イードメネウス
 
クレーテー
 
モロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカマース
 
 
 
デーモポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
クリュメネー
 
ナウプリオス
 
メーリオネース
 
トアース
 
ミュリーネー
 
スタピュロス
 
ペパレートス
 
 
 
オイノピオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
 
 
イアーソーン
 
ヒュプシピュレー
 
モルパディアー
 
パルテノス
 
ロイオー
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウネーオス
 
ネブロポノス
 
トアース
 
 
 
 
 
アニオス
 

脚注編集

  1. ^ a b c アポロドーロス「サバス本」摘要(E)1・9。
  2. ^ a b ロドスのアポローニオス、3巻997行への古註。
  3. ^ プルタルコス「テーセウス伝」20。
  4. ^ a b ニカイアのパルテニオス英語版、20。
  5. ^ a b パウサニアース、7巻4・8。
  6. ^ a b アポロドーロス、1巻4・3。
  7. ^ a b シケリアのディオドロス、5巻79・1。
  8. ^ シケリアのディオドロス、5巻84・3。
  9. ^ ヘーシオドス断片148a。
  10. ^ a b ヒュギーヌス『天文譜』2巻34。
  11. ^ アポロドーロス、1巻4・4。
  12. ^ パウサニアース、7巻5・13。

参考文献編集