メインメニューを開く

オイレス工業株式会社(おいれすこうぎょう:OILES CORPORATION)は東京都港区の機械メーカー。

オイレス工業株式会社
OILES CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南一丁目2番70号
設立 1952年3月11日
業種 機械
法人番号 1010401006049
事業内容 別記のとおり
代表者 佐藤英二(代表取締役会長)
栗本弘嗣(代表取締役社長)
資本金 85億8,500万円(2007年3月31日現在)
売上高 38,609百万円(単独)
55,344百万円(連結)
総資産 56,933百万円(単独)
65,852百万円(連結)
従業員数 1,106名(平成25年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行
外部リンク http://www.oiles.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

無給油式軸受けメーカー最大手。 免震装置でも首位。ほかに建築機器・計測機器など。 自動車、FA・OA・AV等の機器や、産業機械に使用されるオイルレスベアリング(無給油軸受)、建築用・土木構造用の免震制振装置の製造をしている機械(産業機器)メーカー(B to B 【Business to Business】)企業である。

(オイルレスベアリングは国内で5割のシェアを持つ。)

現在保有している特許は1800件以上あり、売り上げの60%を特許製品で占めている為、円高等の景気による煽りを受けにくい基盤がある。 「日本初」の肩書がつく製品(『自動車排気管用無給油球面シール軸受』、『鉛プラグ入り積層天然ゴム免震装置』など)多数。

免震・採用事例 スカイツリー・ソラシティ(事務所 店舗 駐車場)、日清製粉グループ本社製粉記念館本館(記念館)、靖国神社灯篭免震工事(灯篭)など他多数。

制震・採用事例 中京競馬場スタンド等改築工事(競馬場)、新宿イーストサイドスクエア(オフィス 店舗)、JPタワー(事務所 店舗)など他多数。

海外拠点はアメリカ、ドイツ、チェコ、中国、台湾、タイの6ヶ所になる。

沿革編集

  • 1939年 - 川崎宗造が日本オイルレスベアリング研究所として創業
  • 1952年 - (株)日本オイルレスベアリング研究所を設立(株式会社に改組)
  • 1966年 - オイレス工業(株)に社名変更
  • 1976年 - 米国に現地法人「オイレス アメリカ コーポレーション」を設立
  • 1981年 - 本社を東京都港区へ移転
  • 1987年 - 免震装置の販売
  • 1988年 - 中国に「自潤元件工業有限公司」設立、ドイツに「Oiles Tribomet Gleitlemente GmbH」設立
  • 1989年 - 株式の公開
  • 1994年 - 東証2部へ上場
  • 1997年 - 東証1部へ上場
  • 1998年 - 中国に「上海自潤軸承有限公司」を設立
  • 2002年 - タイに合弁会社「オイレス タイ カンパニー リミテッド」を設立
  • 2003年 - 建築機器事業を分社化。チェコに「オイレス チェコ マニュファクチュアリング」を設立
  • 2004年 - 本社を現住所(東京都港区浜松町一丁目30番5号)に移転。カナダに「オイレス カナダ コーポレーション」を設立
  • 2005年 - 中国(蘇州)に「自潤軸承(蘇州)有限会社」を設立。フランスに「オイレス フランス SASU」設立

生産拠点編集

  • 藤沢事業場 - 神奈川県藤沢市
  • 足利事業場 - 栃木県足利市
  • 滋賀工場 - 滋賀県栗東市
  • 大分工場 - 大分県中津市

外部リンク編集