メインメニューを開く

オウム病(psittacosis、parrot fever)とは、クラミジアの一種である、オウム病クラミジアChlamydophila psittaci あるいはChlamydophilia abortus)の感染によって生ずる人獣共通感染症。クラミジア病と呼ばれることもあり、かつてミヤガワネラ病と呼ばれていたこともあった。感染症法における四類感染症。

原因編集

鳥類はオウム病クラミジアの自然宿主であり、ヒトは感染鳥類から排泄物、汚染羽毛、糞便の塵埃の吸入により感染する。名称から誤解されるが、小動物など鳥類以外から感染することもある。

症状編集

ヒトではインフルエンザ様症状を示し、治療が遅れると肺炎気管支炎などの呼吸器疾患を示す。鳥類では一般に無症状であるが、発症すると元気消失、食欲不振、緑色便を呈し、ときに斃死する。病理学的には肝臓脾臓の腫大、脆弱、灰白質壊死巣、心外膜気嚢の肥厚、線維性滲出物の肥厚がみられる。において雌では妊娠末期に流産を引き起こし、雄では精嚢腺炎を引き起こす。馬では肺炎、脳脊髄炎角結膜炎関節炎腎炎、肝炎、流産を引き起こす。

診断編集

検体を発育鶏卵、鶏胚細胞HeLa細胞などに接種し、培養後、ギムザ染色蛍光抗体法などで直接鏡検する。特異的抗体検出も行われる。

治療編集

Chlamydophila psittaci 、Chlamydophilia abortusに感受性のある抗菌剤を用いる。マクロライド系抗生物質テトラサイクリン系抗生物質が第一選択となる。ニューキノロン系抗生物質(シプロフロキサシンオフロキサシン等)も感受性を持つ。セフェム系抗生物質は無効。

予防編集

ワクチンはない。鳥類との過度に密接な接触を避ける。また、鳥類の飼育ケージの清掃時にはマスクを着用する。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集