オオツクバネウツギ

スイカズラ科の種

オオツクバネウツギ(大衝羽根空木、学名:Abelia tetrasepala)は、スイカズラ科ツクバネウツギ属落葉低木。別名、メツクバネウツギ[4][5][6]

オオツクバネウツギ
Abelia tetrasepala 1.JPG
福島県浜通り地方 2017年4月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: ツクバネウツギ属 Abelia
: オオツクバネウツギ
A. tetrasepala
学名
Abelia tetrasepala (Koidz.) H.Hara et S.Kuros.[1]
シノニム
  • Diabelia tetrasepala (Koidz.) Landrein[2]
  • Abelia spathulata Siebold et Zucc. var. tetrasepala Koidz.[3]
和名
オオツクバネウツギ(大衝羽根空木)[4]

目次

特徴編集

多く分枝してが広がり、樹高は2-3mになる。枝は円く、樹皮は灰褐色をしており、は中実で白色、1年目の枝は無毛でわずかに腺点があるものから、毛を密生するものもあり、しばしば赤褐色になる。は対生し、葉柄は長さ1-3mmになり、ふつう長い開出する毛がある。葉身は長さ3-6cm、幅1.5-3.5mmの広卵形から披針状卵形で、先端は長鋭尖形から鋭形、基部は広いくさび形から円形で、縁はほぼ全縁か不規則な粗い鋸歯があり、若い葉の縁はしばしば赤身を帯びる。葉の表面は無毛か葉脈上に毛が生え、裏面には毛が生え、とくに葉脈上と縁には長さ1.2mmになる白色の開出毛が生える。側脈は3-4対あって斜上し、表面は多少くぼんで裏面は隆起する[4][5][6]

花期は4-5月中旬。は新枝の先にふつう2個ずつつき、長さ1-2mmの共通花柄をもち、1個の苞と2個の小苞がある。片は5個あるが、1個が小さく長さ2-5mmで、まれに無いことがあり、他の4個の萼片は長さ8-15mmで、披針形から長楕円形になり、果期まで宿存する。花冠は長さ3-4cm、基部の花筒下部は長さ10-15mmになり、鐘状漏斗形で、ふつう黄白色で、ときに黄色やピンク色を帯び、喉部の内側に橙黄色の網目模様がある。花冠の上唇は2裂、下唇は3裂し、花筒下部は狭い管状になる。雄蕊は4個あり、うち2個が長く花冠筒部と同じ長さかやや短く、葯は長さ2.5-3mmになる。雌蕊は花冠筒部と同長。一見花柄に見える子房は細長く、長さ8-11mmになり、やや赤みを帯び伏した毛が生える。果実は長さ10-15mmになる線形の痩果で、9-11月に熟す。中に種子1個が入り、長さ7-8mmの狭円柱形となり、両端に短い尾状の翼がある[4][5][6]

分布と生育環境編集

日本固有種[7]。本州(福島県以西)のおもに太平洋側、四国に分布し、九州北部ではごくまれに生える。明るく開けた山地の落葉樹林下や林縁、しばしば岩場に、ときに石灰岩地などの石灰質土壌に生育する[4][5][6]

名前の由来等編集

和名オオツクバネウツギは、「大衝羽根空木」の意で、同属のツクバネウツギより花が大きいことによる[5]。ツクバネウツギより、花期は約2週間早い[4][6]

ギャラリー編集

花は新枝の先にふつう2個ずつつく。 
5個の萼片のうち、1個が小さい。 
密に分枝する。 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オオツクバネウツギ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ オオツクバネウツギ(シノニム) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ オオツクバネウツギ(シノニム) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ a b c d e f 『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物)山溪ハンディ図鑑5』pp.436-437
  5. ^ a b c d e 『新牧野日本植物圖鑑』p.712
  6. ^ a b c d e 『改訂新版 日本の野生植物 5』p.415
  7. ^ 『日本の固有植物』p.135

参考文献編集

  • 茂木透、城川四郎他『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物)山溪ハンディ図鑑5』、2001年、山と溪谷社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 加藤雅啓・海老原淳編著『日本の固有植物』、2011年、東海大学出版会
  • 大橋広好・門田祐一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 5』、2017年、平凡社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)