オカルトブームとは、かつて日本で発生した、心霊UFO宇宙人UMA終末論超能力超常現象都市伝説等のオカルト中心に起こった流行社会現象ブームである。

歴史編集

1973年に『ノストラダムスの大予言』がヒットしてから1970年代に第一次ブームが起こり、テレビ番組の『あなたの知らない世界矢追純一の『木曜スペシャル』『水曜スペシャル』内の『川口浩探検隊』やホラー映画エクソシスト』、ネッシーツチノコヒバゴンユリ・ゲラー(スプーン曲げ)、心霊写真超古代文明コックリさん口裂け女オリバーくん甲府事件介良事件等が話題になった。対して当時から批判もあり、オカルト要素のあったアニメ『勇者ライディーン』が朝日新聞の意向により大幅な路線変更を命じられたこともあった。

その後、1990年代初等にはミステリーサークル人面魚人面犬などが話題になり、1990年代後半にはノストラダムスの大予言(1999年地球滅亡説)が再び話題になると、バラエティー番組の『特命リサーチ200X』『奇跡体験!アンビリバボー』『USO!?ジャパン』等でオカルト特集が毎週のように放送され、『宇宙人解剖フィルム』も日本で話題となった。年末特番『ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル』もこの時期に始まっている。映画界においても『学校の怪談』シリーズや『リング (1998年の映画)』がヒットし、TVゲーム『夕闇通り探検隊』や漫画『MMR』も話題になるなど、1990年代後半には第二次ブーム状態となっていた。これは1970年代の第一次ブーム世代が制作側になったためと考えられる。[独自研究?]1995年にはオカルトブームの申し子といえるオウム真理教による事件が起きたものの、その後もブームは続いた[1]

2000年代に入ってからは、2000年秋に岐阜県のマンションでのポルターガイスト現象による幽霊マンション騒動やアンビリバボーで取り上げられた『杉沢村』などが話題になるも、ノストラダムスの予言が外れたことや、デジカメの普及やCG技術の発達により、偽物の写真や映像が安易に作られるようになったこと、インターネット上でやらせが指摘されるようになったことでブームは衰退していった。一方で、2000年代中盤に発生した『オーラの泉』などのスピリチュアルブームや『テレビのチカラ』などの超能力捜査官の番組をオカルトブームに含める場合もある。

2009年にはその『オーラの泉』も放送終了。2010年代にはインターネット・SNSの普及によるネット炎上の恐れからかオカルト番組は完全に衰退した[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集