メインメニューを開く

オキちゃん(おきちゃん)は、1975年(昭和50年)に開催された沖縄国際海洋博覧会マスコット

モチーフはオキゴンドウないしバンドウイルカ。海洋博覧会のために捕獲・選抜された15匹のイルカがオキちゃんと命名され、会場内で行われたイルカショーに出演した。本キャラクターはこのイルカを擬人化したキャラクターである。

平面画のデザイナーは亀倉雄策[1]

目次

概要編集

イルカであるが二足歩行する。手は鰭である。背中は青く腹部は白い。 恋人のオキ子ちゃんなど関連キャラクターも作られた。

会場内のかりゆし広場ではテンガロンハットをかぶりスカーフを巻いたオキちゃんの着ぐるみが登場し、関連キャラが子供たちと握手する写真も残っている(「海 その望ましい未来」P135)。

現況編集

イベント終了後の動向に関する公式設定は不明。 オキちゃんの名前は沖縄美ら海水族館に隣接するイルカショーの「オキちゃん劇場」としてイベント終了後も残っている[2][3]

脚注編集

  1. ^ EXPO’70パビリオン「ニッポンの万国博~大阪万博から愛・地球博まで~」
  2. ^ オキちゃん劇場”. 沖縄美ら海水族館. 2013-4-27 00:44時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。
  3. ^ 施設案内-オキちゃん劇場”. 海洋博公園 Official Site. 2013-4-27 00:45時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月27日閲覧。

関連項目編集