メインメニューを開く

オキコ株式会社は、沖縄県中頭郡西原町に本社を置く製パン会社である。麺類などの製造販売も行っている。敷島製パンと技術提携しており、同社製品(「Pasco」ブランド)のOEM(受託製造)も行う。社名は前身の「沖縄興業」の略称(沖興=オキコ)から。製パン事業者としては県内最大手の企業である[1]

オキコ株式会社
Okiko Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
903-0203
沖縄県中頭郡西原町字幸地371
設立 1947年2月28日
業種 食料品
法人番号 4360001004290
事業内容 パン、和洋菓子、めん、サンドウィッチの製造販売、干菓子、食品、ドリンク類の仕入れ販売
代表者 銘苅敏明(代表取締役社長)
資本金 2億3000万円
売上高 130億円
従業員数 700名
主要子会社 沖縄明治乳業株式会社明治乳業株式会社と共同出資)
関係する人物 仲田睦男(創業者)
仲田龍男(代表取締役会長)
外部リンク http://www.okiko.net/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1947年 - 豊見城村(現豊見城市)に、同社の前身となる沖縄興業株式会社を設立。当時は赤瓦、カメ煉瓦の製造、販売事業を行っていた。
  • 1953年 - 那覇市に製菓工場を開設。製菓事業を開始。瓦製造業からの事業転換。
  • 1954年 - 製麺工場を開設。オキコそば、そーめんの製造販売事業を開始。
  • 1960年 - オキコ株式会社に商号変更。
  • 1966年 - 浦添村(現浦添市)に市乳工場を開設。、オキコ牛乳の製造販売事業を開始。
  • 1969年 - 明治乳業との共同出資で沖縄明治乳業株式会社を設立。市乳事業を同社に引き継ぐ。
  • 1972年 - 西原村(現西原町)に製パン工場を開設。パン類の製造販売事業を開始。
  • 1973年 - オキコ商事株式会社を設立し、製菓事業を同社に引き継ぐ。
  • 1974年 - オーブンフレッシュベーカリーとして株式会社メルヘンを設立。
  • 1983年 - 生麺、茹で麺工場を開設。麺類の製造販売事業を開始。
  • 1985年 - 餅、和菓子工場を開設。和生菓子の製造販売事業を開始。
  • 1986年 - オキコ商事株式会社、株式会社メルヘンを、オキコ株式会社に吸収合併。
  • 1987年 - 株式会社洋菓子のトレビアンの営業権を譲受。
  • 1988年 - フリーゾーン(自由貿易地域)に菓子工場を開設。
  • 1992年 - フリーゾーンから撤退。
  • 1994年 - サンドウィッチ、調理麺工場を開設。サンドウィッチ、調理麺の製造販売事業を開始。
  • 2005年 - ISO9001-HACCPの認証を取得。
  • 2006年 - 食パンライン自動化。
  • 2017年 - IS022000認証取得。

[2]

製品編集

  • チョコもち
  • うるま御膳
  • オキコラーメン
  • ゼブラパン
  • 超熟 - 敷島製パン「Pasco」ブランドのOEM(事実上のエリアフランチャイズ。通販サイトへのリンクあり)
  • その他に、神戸市に本部を置くスイス菓子エーデルワイスのフランチャイズである「エーデルワイス沖縄」を関連会社として運営

協賛事業編集

本土復帰直前の1970年から1971年にかけて、琉球放送のテレビ番組『オキコワンワンチャンネル』『100万人の大合戦』(公開収録による児童歌合戦)へ沖縄明治乳業とともに協賛。出場者には、両社の製品(ラーメンやチョコレートなど)が進呈されていた。ちなみに、いずれの番組でも、歌手デビュー前の南沙織が本名の「内間明美」名義でアシスタントを務めている。

脚注編集

外部リンク編集