メインメニューを開く

オスカル・カルドソ

パラグアイのサッカー選手

オスカル・カルドソ(Óscar Cardozo, 1983年5月20日 - )はパラグアイ出身のサッカー選手パラグアイ代表クラブ・リベルタ所属。ポジションはフォワード。弟のラモン・カルドソもフォワードとしてプレーするサッカー選手であり、母国のFCタクアリーやポルトガルのヴィトーリア・セトゥーバルなどでプレーしている。

オスカル・カルドソ Football pictogram.svg
Óscar Cardozo - Trabzonspor.jpg
名前
本名 オスカル・レネ・カルドソ
Óscar René Cardozo
愛称 タクアラ(竹棒)
ラテン文字 Oscar CARDOZO
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
生年月日 (1983-05-20) 1983年5月20日(36歳)
出身地 フアン・エウロヒオ・エスティガリビア
身長 192cm
体重 91kg
選手情報
在籍チーム パラグアイの旗 クラブ・リベルタ
ポジション FW
背番号 9
利き足 左足
ユース
パラグアイの旗 24・デ・フニオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 パラグアイの旗 3・デ・フェブレロ 34 (20)
2005-2006 パラグアイの旗 ナシオナル 63 (22)
2006-2007 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ 33 (21)
2007-2014 ポルトガルの旗 ベンフィカ 175 (112)
2014-2016 トルコの旗 トラブゾンスポル 50 (25)
2016-2017 ギリシャの旗 オリンピアコスFC 22 (3)
2017- パラグアイの旗 クラブ・リベルタ 71 (33)
代表歴2
2006- パラグアイの旗 パラグアイ 53 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月14日現在。
2. 2019年6月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

クラブ編集

パラグアイとアルゼンチン時代編集

フアン・エウロヒオ・エスタガリビア出身。シウダー・デル・エステにあるトレス・デ・フェブレロの下部組織出身。2003年から2004年にかけてこのクラブに在籍し、クラブ・ナシオナル戦とCSサン・ロレンソ戦で1試合2得点の活躍を見せるなど、セグンダ・ディビシオン(2部)優勝とプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に貢献した。2005年初頭、プリメーラ・ディビシオンのクラブ・ナシオナルに移籍した。クラブ・ナシオナルではすぐに得点頭となり、3シーズンでハットトリック1回を含む29ゴールを決めた。

2006年末、アルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズに移籍金120万ドルで移籍した。ディエゴ・ガビランササ・サルセードフスト・ビジャールなど複数のパラグアイ人選手が在籍していたためクラブにはすぐに馴染み、アペルトゥーラ2007では16試合に出場して11得点したが、クラブは18位と低迷した。この活躍が認められ、2006年冬にパラグアイ年間最優秀選手に選ばれた。

SLベンフィカ編集

2007年6月21日、ポルトガルの強豪SLベンフィカに移籍した。ベンフィカは約920万ユーロの移籍金を支払って保有権の80%を買い取っているが[1][2]、2001年にやってきたシモン・サブローザの1200万ユーロに次ぐ、ベンフィカ史上2番目に高額な移籍金だった[3]。2007-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは6試合で3得点を挙げ、得点を決めたセルティックFC戦・FCシャフタール・ドネツク戦でそれぞれマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。ベンフィカはグループリーグ敗退に終わったが、時間当たりの枠内シュート数は出場選手中トップであった。UEFAチャンピオンズリーグ敗退の結果出場したUEFAカップでは、決勝トーナメント1回戦の1.FCニュルンベルク戦セカンドレグ (2-2) で試合終了間際の89分に決勝点を決め、2試合合計3-2での勝ち上がりに貢献した。同シーズンのリーグ戦では3月3日、スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルとのダービーマッチでマヌエル・ルイ・コスタのアシストから得点し、次年度のUEFAチャンピオンズリーグ本戦出場権獲得に一役買った。プレースキックを得意とし、ヴィトーリア・ギマランイス戦などでは直接フリーキックで得点している。リーグ戦では13得点で得点ランキング2位タイとなり、公式戦通算では22得点を挙げた。2008年8月30日、FCポルトとの一戦 (1-1) でチームを引き分けに導くゴールを決めた。2008-09シーズン前半戦は調子が上がらなかったが、リーグ戦残り10試合で8得点を決めてチームのフォワード最長の出場時間を記録し、17ゴールで得点ランキング2位につけた。2009年3月21日、タッサ・ダ・リーガ決勝でスポルティングに勝利し、ベンフィカ移籍後初のタイトルを獲得した。

2009年夏のプレシーズンは10試合で8得点と好調を維持し、2009-10シーズン第3節のヴィトーリア・セトゥーバル戦ではハットトリックを達成して8-1と大勝した[4]。10月22日のUEFAヨーロッパリーグエヴァートンFC戦では47分と48分に立て続けにゴールを決め、5-0での完勝に貢献した[5]。エヴァートン戦から4日後のCDナシオナル戦 (6-1) ではハットトリックを決め、12月6日のアカデミカ・コインブラ戦 (4-0) でもハットトリックを決めた。2010年2月9日、タッサ・ダ・リーガ準決勝のスポルティング戦ではゴールを決め、3月21日の決勝のポルト戦でも得点して優勝に貢献した。UEFAヨーロッパリーグでは、準々決勝のリヴァプールFC戦ファーストレグ (2-1) でPKをふたつ決め[6]アンフィールドでのセカンドレグ (1-4) では直接フリーキックを沈めたが、2試合合計3-5で敗退した[7]。この準々決勝までに12試合で9得点を決め、ヴェルダー・ブレーメンクラウディオ・ピサーロと並んで大会得点王に輝いた。4月24日のSCオリャネンセ戦ではシーズン4度目のハットトリックを決めた。ベンフィカはシーズン中盤戦から首位を堅持し、5シーズンぶりのリーグ優勝を果たした。カルドソはリーグ戦で26得点を挙げ、ポルトのラダメル・ファルカオを1点上回って得点王のタイトルを獲得した。公式戦通算ではキャリアハイの38得点(出場47試合)を挙げた。2010-11シーズンのベンフィカは序盤戦で出遅れ、中盤戦では11連勝を果たしたものの、ポルトに勝ち点21差を付けられて2位に終わった。カルドソは11連勝中に6得点を挙げたが、リーグ戦通算では前シーズンのちょうど半分の13得点しか挙げられなかった。

トラブゾンスポル編集

2014年8月4日トラブゾンスポルに移籍した。

オリンピアコス編集

2016年8月31日オリンピアコスFCに移籍した。

代表編集

2007年6月5日、メキシコとの親善試合 (1-0) でパラグアイ代表デビューした。同年にはベネズエラで開催されたコパ・アメリカ2007に出場し、グループリーグのアメリカ戦 (3-1) で得点した。2010 FIFAワールドカップ・南米予選では2得点を挙げて本大会出場権獲得に貢献した。2010 FIFAワールドカップ本大会・決勝トーナメント1回戦の日本戦はPK戦にもつれ込んだが、カルドソは5番手として勝利を決定させるPKを決め、パラグアイを史上初の準々決勝進出に導いた[8]。しかし、準々決勝のスペイン戦 (0-1) では58分に蹴ったPKをイケル・カシージャスに止められ、最終的に優勝を果たす国相手に敗れた[9]。2010-11シーズンはベンフィカで公式戦通算23得点を挙げていたが、ヘラルド・マルティーノ監督はコパ・アメリカ2011のメンバーにカルドソを加えなかった。

タイトル編集

クラブ編集

トレス・デ・フェブレロ
  • パラグアイ・セグンダ・ディビシオン (1) : 2004
SLベンフィカ

個人編集

個人成績編集

クラブでの出場記録編集

2017年7月21日現在
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
トレス・デ・フェブレロ 2003 22 14 - - - - - - 22 14
2004 12 6 - - - - - - 12 6
通算 34 20 - - - - - - 34 20
クラブ・ナシオナル 2004 14 3 - - - - - - 14 3
2005 29 9 - - - - - - 29 9
2006 20 10 - - - - 0 0 20 10
通算 63 22 - - - - 0 0 63 22
ニューウェルズ・オールドボーイズ 2006-07 33 21 - - - - - - 33 21
通算 33 21 - - - - - - 33 21
ベンフィカ 2007-08 29 13 5 5 0 0 11 4 45 22
2008-09 26 17 2 0 4 0 3 0 35 17
2009-10 29 26 0 0 5 2 13 10 47 38
2010-11 22 12 5 5 2 1 12 5 42 23
2011-12 29 20 0 0 4 3 12 5 45 28
2012-13 25 17 5 6 2 1 14 9 46 33
2013-14 15 7 5 3 1 0 11 1 32 11
通算 175 112 23 19 18 7 76 34 292 172
トラブゾンスポル 2014-15 29 17 3 2 - 10 1 42 20
2015-16 21 8 1 0 - 2 0 24 8
通算 50 25 4 2 0 0 12 1 66 28
オリンピアコス 2016-17 22 3 7 0 - 5 0 34 3
クラブ・リベルタ 2017 14 4 0 0 - 6 4 20 8
2018 43 23 0 0 - 6 5 49 28
2019 5 2 0 0 - 5 2 10 4
総通算 439 232 34 21 18 7 110 46 601 306

代表での成績編集


パラグアイ代表国際Aマッチ
出場得点
2006 2 0
2007 10 2
2008 10 1
2009 7 1
2010 6 0
2011 7 4
2012 3 1
2013 4 0
2017 2 1
2019 3 2
合計 53 12
オスカル・カルドソ: 代表での得点
# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1 2007年6月5日 メキシコ、メキシコシティ   メキシコ 0–1 0–1 親善試合
2 2007年6月28日 ベネズエラ、バリーナス   アメリカ合衆国 1–2 1–3 コパ・アメリカ2007
3 2008年10月15日 パラグアイ、アスンシオン   ペルー 1–0 1–0 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
4 2009年10月10日 ベネズエラ、プエルト・オルダス   ベネズエラ 0–2 1–2 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
5 2011年3月29日 アメリカ、ナッシュヴィル   アメリカ合衆国 0–1 0–1 親善試合
6 2011年9月2日 パナマ、パナマシティ   パナマ 0–1 0–2 親善試合
7 2011年9月6日 ホンジュラス、サン・ペドロ・スーラ   ホンジュラス 0–2 0–3 親善試合
8 2011年9月6日 ホンジュラス、サン・ペドロ・スーラ   ホンジュラス 0–3 0–3 親善試合
9 2012年8月15日 アメリカ、ワシントンDC   グアテマラ 1–0 3–3 親善試合
10 2017年10月6日 コロンビア、バランキージャ   コロンビア 1–1 1–2 2018 FIFAワールドカップ・南米予選
11 2019年6月5日 パラグアイ、シウダー・デル・エステ   ホンジュラス 1–0 1–1 親善試合
12 2019年6月16日 ブラジル、リオデジャネイロ   カタール 1–0 2–2 コパ・アメリカ2019

脚注編集

外部リンク編集