オスマン帝国の国章

オスマン帝国の国章

オスマン帝国の国章(オスマンていこくのこくしょう、オスマン語: عثمانلی دولت نیشانی, トルコ語: Osmanlı Devlet Nişanı)は19世紀末に制定され、1922年オスマン帝国滅亡までの間に軍旗などに用いられていたものである。

国章の歴史編集

オスマン帝国は19世紀後半、西洋の紋章学的記述に基づく紋章を持とうとし、何度かの修正の結果1882年4月17日スルタンアブデュルハミト2世により最終的な形態が採用された。

オスマン帝国の君主はみな、トゥグラというアラビア文字による花押のような署名をもっており、これが同時に帝国のシンボルとしても用いられていた。

1882年に制定された紋章は、中央の緑色の円盤の中に君主のトゥグラが書かれ、その下に緑色の上向きの三日月があった。その左右には緑の旗と赤い旗があった。左側の緑の旗はルメリアを、右側の赤旗はアナトリアと他のアジア諸国を象徴しています。[1] その両脇にはジハードのための武器の数々、平和と幸福の花束、クルアーンスンナの二つの書物に載る公正や正義を意味するはかりが配されている。その下方には帝国の5つの勲章(左から右に、Şefkat Nişanı, Osmani Nişanı, İmtiyaz Nişanı, Mecidiye Nişanı, İftihar Nişanı)が描かれている。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集