オセロ (お笑いコンビ)

日本の女性お笑いコンビ (1993 - 2013)
オセロ (お笑い)から転送)

オセロは、日本お笑いコンビ[1]1993年4月29日に結成。2011年4月以降コンビ活動を休止し、2013年4月11日に正式解散[2][3]

オセロ
OTHELLO
メンバー 中島知子
松嶋尚美
結成年 1993年4月29日
解散年 2013年4月11日
事務所 松竹芸能フリーランス(中島)
松竹芸能⇒ステッカー(松嶋)
活動時期 1994年 - 2013年
(実質的な活動は2011年まで)
出身 松竹芸能タレント養成所
出会い 松竹芸能タレント養成所
旧コンビ名 白と黒(中島)
デジャネイロ(松嶋)
現在の活動状況 テレビ中心
芸種 コント漫才ほか
ネタ作成者 中島知子
過去の代表番組 ワンダフル
ウタワラ
GO!GO!サタ
同期 ますだおかだ
ロンドンブーツ1号2号
ペナルティ
DonDokoDon
TIM
COWCOW
2丁拳銃
小籔千豊
設楽統バナナマン
渡部建アンジャッシュ
飯塚悟志東京03
受賞歴
1996年『第17回ABCお笑い新人グランプリ』新人賞
テンプレートを表示

メンバー編集

略歴編集

  • 1993年4月29日に結成。同期にますだおかだがいる。
  • 1996年、「第17回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞を受賞。
  • 2007年、松嶋の個人事務所設立でコンビとしての活動は事実上休止になるという報道があった。個人事務所への独立とは言うものの、代表取締役兼マネージャーを元松竹芸能東京支社長の難波規精が務めており、松竹芸能の親会社である松竹がマネジメントの協力を担当していること、またコンビの仕事は松竹芸能を通じて行われているなど、独立後も引き続き松竹系列のバックアップを受けての体制が取られている。
  • 2009年頃より、中島の激太りや奇行、コンビの不仲説などが盛んに報道されるようになる[6]
  • 2011年4月以降、中島の体調不良を理由にコンビ活動を休止。
  • 同年、中島の洗脳騒動が勃発。メディアを巻き込んでの大騒動となる。
  • 2013年3月29日付で「中島の退社申し入れにより事実上の解散となった」との報道が各新聞社より発表された[7]。しかし、活動休止していても、コンビの解散はしていないとメンバーの松嶋より発言があり[8]、時を同じくして3月30日、松竹芸能より解散説が正式に否定された[9]
  • 2013年4月6日付で中島が正式に松竹芸能との専属契約を解除。同年4月11日付で松嶋尚美オフィシャルブログにて、2年ぶりに2人が再会し話し合った結果、正式解散したことを発表している[3][10]

エピソード編集

  • コンビ名は、2人の肌の色がそれぞれ黒と白でオセロゲームを連想することに由来する[11]。元々2人とも芸人志望ではなく、当初は松竹芸能タレント養成所のタレント養成コースに在籍していたが、養成所時代に講義そっちのけで私語ばかりしていたことから、講師から「そこのオセロ!そんなにしゃべりたければお笑いの方へ行け!」と言われ、芸人に転向する。このとき、講師が2人をオセロゲームに見立ててオセロと呼んだことからコンビ名が命名された[12]
  • 「ABCお笑い新人グランプリ」新人賞受賞歴を持つものの、松嶋と笑福亭鶴瓶は「オセロの漫才は面白くない」と振り返っている[13]。ブレイク後はマネージャーからネタ見せを強く禁止されていたが、日本アジア航空のCMのメイキングでは即興ショートコントを披露していた[14]
  • 2007年、マネージャーの難波規精が松嶋のみを引き連れて独立しステッカーを設立。しかし、このことは中島にとっては寝耳に水の話であり、以降両者の関係は急速に悪化していった。松嶋はのちに自身のブログにおいて、独立する際中島も誘ったが断わられたとして、独立については報道に誤解があるとしつつ、以降関係が悪化したことについては認めた[15][16]。難波は松竹在職中、オセロのほかによゐこますだおかだTKOなどを担当した凄腕のマネージャーとして知られており、独立後も松嶋のマネージャーを務めたほか、清野菜名駿河太郎らを育成したが、2019年にすい臓がんのため55歳で死去した。
  • 松嶋によると、解散後は中島と一度も会っていないとのこと。一方で、テレビ番組において中島やオセロについて触れてることはあり、SMAPなどとは異なりタブー扱いにはなっていない[17]

出演編集

※オセロのコンビとしての出演番組を記載。単独での出演番組は中島知子松嶋尚美を参照。

テレビ番組編集

CM編集

テレビゲーム編集

音楽活動編集

シングル(両方とも12cm)のみ発売している。いずれも日本クラウンより発売。

  1. Door ―待ってるだけじゃ恋は始まらない―(c/w 私の日曜日,あなたが好き)(1997年6月25日
    • 1曲目はオセロ、2曲目は中島、3曲目は松嶋による作詞。
    • 松嶋曰く売上は300枚だった。[19]
  2. to be myself(c/w トムとジェリー,おやすみ)(1999年4月21日
    • 3曲ともオセロによる作詞。

参加作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ オセロ”. タレント一覧. 松竹芸能株式会社. 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。
  2. ^ 「オセロ松嶋さんが解散発表」 『産経新聞』 2013年4月12日付、東京本社発行15版、28面。
  3. ^ a b 松嶋尚美 (2013年4月11日). “オセロ”. 松嶋尚美オフィシャルブログ. 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ 松竹芸能「看過できない」中島を解雇”. デイリースポーツ (2013年4月6日). 2013年4月6日閲覧。
  5. ^ 『なおみ』ではない。
  6. ^ https://www.oricon.co.jp/news/67327/full/
  7. ^ 関口賢 (2013年3月29日). “中島知子が本日11時25分からのテレ朝「ワイド!スクランブル」に出演……約2年ぶりにテレビで語る”. RBB TODAY. 2013年5月2日閲覧。
  8. ^ 松嶋尚美が電撃復帰「オセロは解散しません」”. スポーツ報知 (2012年4月1日). 2013年5月2日閲覧。
  9. ^ 松竹、オセロ中島「契約解除してない」松嶋も解散「聞いてない」”. スポーツ報知 (2013年3月30日). 2013年5月2日閲覧。
  10. ^ オセロ解散!中島&松嶋が2年ぶり再会で結論…”. シネマトゥデイ (2013年4月11日). 2013年5月2日閲覧。
  11. ^ オセロの中島と松嶋肌の色だけでなく性格も正反対!? - 芸能ニュース”. リアルライブ. 内外タイムス. 2021年3月30日閲覧。
  12. ^ おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』2016年5月16日放送分。
  13. ^ きらきらアフロ』2007年7月27日放送分。
  14. ^ 当時のメイキングビデオの動画。[1]
  15. ^ https://ameblo.jp/matsushima-nahomi/entry-11184083989.html
  16. ^ https://news.mynavi.jp/article/20120306-a044/
  17. ^ https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/06/0012217727.shtml
  18. ^ オセロdeオセロDS
  19. ^ 『メレンゲの気持ち』(2013年4月7日放送分)にて発言。

関連項目編集