オゼアス・レイス・ドス・サントス

ブラジルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はレイス、第二姓(父方の姓)はドス・サントスです。

オゼアス・レイス・ドス・サントス(Oséas Reis dos Santos、1971年5月14日 - )は、ブラジルバイーア州サルヴァドール出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード

オゼアス Football pictogram.svg
Oseas jogador.jpg
名前
本名 オゼアス・レイス・ドス・サントス
Oséas Reis dos Sants
ラテン文字 OSEAS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1971-05-14) 1971年5月14日(51歳)
出身地 サルヴァドール
身長 186cm
体重 87kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1996 ブラジルの旗 ブラジル 2 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

アトレチコ・パラナエンセ在籍中の1995年ブラジル全国選手権2部で14ゴールを挙げ得点王を獲得[1]、クラブのセリエA昇格に貢献する。1996年にはブラジル代表に選出され、親善試合2試合に出場した。

1997年SEパルメイラスへ移籍。1999年コパ・リベルタドーレスでは、デポルティーボ・カリとの決勝戦第2試合の76分に2試合合計スコアで同点となるゴールを挙げ、試合をPK戦へと持ち込ませた[2]。パルメイラスはこのPK戦を制し、初の南米チャンピオンとなった。同年のインターコンチネンタルカップマンチェスター・ユナイテッドFC戦にアスプリージャと交代で途中出場するも0-1で敗れ優勝を逃した[3]

サントスFCから2002年8月に日本のヴィッセル神戸に移籍、1年目は9月15日のコンサドーレ札幌戦でJリーグ初ゴールを決めるなど[4]、15試合6ゴールの成績を残した[4]。2003年3月15日のJリーグカップ予選リーグのジュビロ磐田戦ではハットトリックを決め[5]、リーグ戦では13ゴールを挙げる[4]など活躍、神戸では彼がゴールを決めた試合では負けないという「不敗神話」が1年以上にわたり続いた。その後、半年間母国ブラジルでプレーした後、シーズン途中の7月にこの年がJ1昇格初年度のアルビレックス新潟に移籍。FWエジミウソン、MFファビーニョらと、変則3トップを形成。得点は15試合で4得点と得点量産とはいかなかったが[4]、前線のブラジル人のチームプレーがかみ合うなど、当時得点力不足に悩んでいたチームの残留に大きく貢献。2005年はブラジルに帰国してブラジリエンセFCでのプレーを最後に現役を引退した。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1990 ガリシア
1991
1992
1993 ポンテベドラ
1994
1994 ウベルランジア
1995
1995 アトレチコ-PR
1996 20 11
1997
1997 パルメイラス 23 11
1998 23 15
1999 16 1
2000 クルゼイロ 22 11
2001 20 4
2002 サントス
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 神戸 31 J1 15 6 0 0 1 1 16 7
2003 9 29 13 5 4 0 0 34 17
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2004 インテルナシオナル セリエA 8 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 新潟 34 J1 12 4 0 0 0 0 12 4
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2005 ブラジリエンセ セリエB 19 4
通算 ブラジル
日本 J1 56 23 5 4 1 1 62 28
総通算

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集