オダンタラ事件(オダンタラじけん)とは、ソビエト連邦によるスパイ事件[1]。ソビエト連邦留学中にソ連情報機関の工作を受けて来日したインドネシア人研修生のマデ・オダンタラが、ソ連情報機関員とみられる在日ソ連通商代表部員セドフ・V・Aらに指示され、日本の科学技術情報を収集してセドフらに手交していた事件である[1]1969年昭和44年)5月11日警視庁摘発(検挙)[1]。検挙当時、オダンタラは32歳、セドフは41歳であった[1][注釈 1]

概要編集

マデ・オダンタラは、1958年9月から約5年間ソビエト連邦に留学した際、ソ連の情報機関より獲得工作を受け、情報収集活動に協力する誓約書を書かされて、いったんインドネシアに帰国したのち、1964年(昭和39年)1月、政府賠償研修生として来日した[1]。来日してからは、ソ連情報機関員とみられる在日ソ連通商代表部員セドフ・V・Aらと数十回にわたって秘密の会合を開き、研修先の会社から盗み出した企業機密文書等を手交したほか、当該企業の製品等を提供して報酬を得ていた[1]

警視庁は、1969年5月11日、オダンタラを窃盗容疑で逮捕したほか、外務省を通じてセドフらの任意出頭を要請したが、セドフらは出頭を拒否して、そのまま急遽ソ連に帰った[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ロシアには「1人の工作員がバケツ一杯の砂を運ぶ」という言葉があるほど、それぞれの工作員が大量の機密文書を収集するのが特徴だといわれる。ソ連時代にはソ連国家保安委員会(KGB)があらゆる部門にエージェントを置き、その数は100万人を下らないともいわれた。

出典編集

参考文献 編集

関連文献編集

  • 外事事件研究会 『戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出』東京法令出版、2007年10月。ISBN 978-4809011474 

外部リンク編集