ザ・ボートレース(The Boat Race)は、オックスフォード大学ボートクラブとケンブリッジ大学ボートクラブが毎年4月にイングランドロンドンテムズ川で行うエイト (Eight) による対抗レガッタ定期戦ないし競漕大会。

The Boat Race
The Cancer Research UK Boat Races
対戦
Cambridge University Boat Club Rowing Blade.svg Oxford University Boat Club.svg
CUBC OUBC
theboatraces.org
第1回 1829年6月10日
現優勝 ケンブリッジ
最大差 ケンブリッジ, 35 lengths (1839)
最小差 オックスフォード, 1 foot (2003)
コース The Championship Course
テムズ川, ロンドン[注釈 1]
距離 4.2マイル (6.8 km)
スポンサー Gemini (since 2021)[1]
寄付団体 Royal National Lifeboat Institution (RNLI)[2]
Trophy The Boat Race Trophy
勝利数
ケンブリッジ オックスフォード
85 80
1877年は同着
Official website
www.theboatrace.org
2014年のボートレース。スタート点近くピトニー橋
2002年のボートレース

歴史編集

第1回は1829年、テムズ川の上流にある小さな田舎町ヘンリー・オン・テムズで実施され、優勝はオックスフォード大学だった。第2回は1836年にテムズ川下流のウェストミンスターからパトニーまでに場所を移して開催された。1839年以降、毎年開催されるようになり、1845年には現在と同じ水域になった。第一次第二次世界大戦中は中断されたが、ロンドンの春の風物詩として定着し、テレビでも何百万以上の視聴者が見守っている[3]

1987年にはオックスフォード大学のチーム内で悪名高い争議が発生。同年に入学したばかりの漕ぎ手の5人の米国人大学院生が、指導方法や選手の選抜基準などをめぐって同大のコーチと激しく対立し、レース5週間前になってこの大会への参加をボイコットした。代わって控え選手が出場したオックスフォード大学は、それでも同年のレースに勝利。

2012年のレース中、男が川に侵入。審判であるマシュー・ピンセントが気がつき、レースは中断され、その後ケンブリッジが勝者と判定された[4][5][6]オーストラリアの名門校出身のこの男は、エリート主義に反対する活動家のTrenton Oldfieldで、エリート趣味の象徴でもあるボートレースを阻止する目的で侵入した。

2020年は新型コロナの影響で中止[7]

命名権編集

2008年からは企業に大会の命名権を売却。現在はがん撲滅の慈善団体 (Cancer Research UK) の名をレースに冠している。2013年以降スポンサーであったバンク・オブ・ニューヨーク・メロンが、2016年に命名権を同団体に寄付したためである[8]

コース編集

コースは、ワンズワース区パットニー(パットニー橋付近)から西へ上流のリッチモンド・アポン・テムズ区モートレイク(チズウィック橋付近)までの全長4マイル374ヤード(約6.8キロ)で争われる。両艇はS字を描くテムズ川を西へ遡上し、ゴールを目指す。有利とされるミドルセックスサリー側のレーンはスタート前コイントスで決することがある。

過去の対戦成績編集

2021年現在

男子対校エイト編集

  • ケンブリッジ大学:85勝
  • オックスフォード大学:80勝
  • 同着:1

女子対校エイト編集

  • ケンブリッジ大学:45勝
  • オックスフォード大学:30勝

男子リザーブレース編集

  • ケンブリッジ大学:31勝
  • オックスフォード大学:24勝

女子リザーブレース編集

  • ケンブリッジ大学:27勝
  • オックスフォード大学:20勝

脚注編集

注釈編集

  1. ^ The 2021 Boat Race was held near Ely, Cambridgeshire due to restrictions under Hammersmith Bridge and the COVID-19 Pandemic.

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集