オックスフォード・ユナイテッドFC

オックスフォード・ユナイテッド・フットボール・クラブOxford United Football Club)はイングランドオックスフォードシャー州オックスフォードを本拠地とするサッカークラブチームである。2022-23シーズンはフットボールリーグ1(3部相当)に所属。

オックスフォード・ユナイテッドFC
原語表記 Oxford United Football Club
愛称 The U's
The Yellows
クラブカラー 青、黄
創設年 1893年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン EFLリーグ1
ホームタウン オックスフォード
ホームスタジアム Kassam Stadium
収容人数 12,500
代表者 イングランドの旗 ニック・メリー
監督 イングランドの旗 カーリー・ロビンソン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

1893年にヘディングトン・ユナイテッドとして設立されたオックスフォード・ユナイテッドは、1960年に現在の名前を採用した。サザンフットボールリーグを制覇した後、1962年にフットボールリーグに加盟し1968年には2部リーグに昇格した。 1976年に降格した後、1984年から1986年にかけて1部リーグへの昇格を重ね、1986年にはリーグカップで優勝した。 しかし、UEFAがイングランドのクラブのヨーロッパ大会への出場を禁止していたため、1987年のUEFAカップに出場することができなかった。 1988年にトップリーグから降格したことで、18年間の低迷が始まり、2006年にはナショナルリーグに降格し、フットボールリーグから降格した初のメジャートロフィー獲得クラブとなった。 4シーズン後の2010年にプレーオフを経てリーグ2に復帰したオックスフォード・ユナイテッドは、2016年にリーグ2で2位になり、リーグ1への昇格を果たした。 ロン・アキントンはクラブ最多出場回数560回ジョン・シューカーはフットボールリーグ最多出場回数478回、ロンの弟グラハム・アキントンは最多ゴール107ゴールの記録を保持している。このクラブでプレーしている間、19人の選手が国際試合に出場している。 スウィングトン・タウンとレディングがライバルクラブである。

歴史編集

オックスフォード・ユナイテッドFCは1893年にヘディントンで結成され、1911年にサフィックス・ユナイテッドと合併しました。ヘディントンの聖アンドリュー教会のジョン・スコット=ターナー牧師と地元の医師ロバート・ヒッチングスによって、設立された。ヘディントン・ユナイテッドfcはヘディントン・クリケットクラブの選手たちが、冬季休暇中に体力を維持するためのサッカークラブでした。1913年にロンドン郊外のロードにあるウッテンズ・フィールドを購入したが、1920年の再開発によってクラブは移転を余儀なくされた。1925年にマナー・グラウンドを購入し、この施設は夏はクリケット施設として、冬にはサッカー施設として使用された。結成から6年後の1899年、ヘディントン・ユナイテッドは第一次世界大戦前までオックスフォードシャー地区2部リーグに所属しました。1921年には、オクソン・シニアリーグに加盟した。初年度は9-0の勝利を収めました。(8ゴールはP.ドリューイットによるもの)これは、オックスフォードユナイテッドの1試合に挙げた歴代最多得点です。1931年FAカップ予選に初出場しましたが8-2でハウンズ・fcに敗れた。この頃、クリッケットチームはホームを離れ、カウリーバラックスの近くにある施設に移った。アマチュアであったクラブが、プロサッカークラブへの転換が最初に検討されたのは1948‐49年シーズンのことでした。当時クラブの会長であったヴィック・クーリング氏はヘディントンfcがサザンリーグでプレイするために申請をした。1949年にプロリーグであるサザンリーグに加盟し、1950年にはイギリスサッカークラブ初となるナイター設備を導入した。当初はオレンジとブルーのシャツでプレイをしていたが、1957‐58年シーズンに現在の黄色のホームシャツに変更された。1960年ヘディントン・ユナイテッドはクラブの知名度を高めるためオックスフォード・ユナイテッドに改名した。   2年後の1962年、オックスフォードは2年連続でサザンリーグのタイトルを獲得し、4部チームのアクリントン・スタンレーが破産したことにより4部リーグに昇格した。その後2年連続で18位で終え、1965年には3部リーグに昇格した。また前年には、4部のクラブとしては初のFAカップの6回戦に進出した。

1982年、オックスフォードは3部リーグに所属していたが、バークレイズ銀行からの借金を返済できず閉鎖の危機に直面した。1983年4月、マクスウェルはオックスフォードと近隣のクラブであるレディングと合併して、テムズバレー・ロイヤルズという新クラブを設立し、ディスコットでプレーすることを提案した。両クラブのファンがこの決定に抗議をした結果、合併は中止された。さらにレティングの会長は退任し、合併に反対するものが後任に就任した。

オックスフォードは1985-86年1部リーグ最終節アーセナル戦を3-0で破りシーズン18位で終え降格を免れた。また、このシーズンは初めてフットボールリーグカップを制覇した。

名称変更編集

  • 1893-1960 ヘディントン・ユナイテッドFC
  • 1960-現在 オックスフォード・ユナイテッドFC

タイトル編集

国内タイトル編集

  • サウザンリーグ:3回
1952-1953, 1960-1961, 1961-1962
  • サウザンリーグカップ:2回
1952-1953, 1953-1954
  • フットボールリーグ・ディヴィジョン2:1回
1984-1985
  • フットボールリーグ・ディヴィジョン3:2回
1967-1968, 1983-1984
1986

国際タイトル編集

  • なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン FAカップ リーグカップ 欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
2008-09 ナショナルリーグ 46 24 10 12 71 51 77 7位 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 2回戦敗退
2009-10 ナショナルリーグ 44 25 11 8 64 31 86 3位 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 4回戦敗退
2010-11 フットボールリーグ2 46 17 12 17 58 60 63 12位 1回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 1回戦敗退
2011-12 フットボールリーグ2 46 17 17 12 59 48 68 9位 1回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 準決勝敗退
2012-13 フットボールリーグ2 46 19 8 19 60 61 65 9位 3回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 準々決勝敗退
2013-14 フットボールリーグ2 46 16 14 16 53 50 62 8位 3回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 2回戦敗退
2014-15 フットボールリーグ2 46 15 16 15 49 48 61 13位 2回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 1回戦敗退
2015-16 フットボールリーグ2 46 24 14 8 84 41 86 2位 4回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 準優勝
2016-17 EFLリーグ1 46 20 9 17 65 52 69 8位 5回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー 準優勝
2017-18 EFLリーグ1 46 15 11 20 61 66 56 16位 1回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 4回戦敗退 ジェームズ・ヘンリー
ウェス・トーマス
11
2018-19 EFLリーグ1 46 15 15 16 58 64 60 12位 3回戦敗退 3回戦敗退 EFLトロフィー 4回戦敗退 ジェームズ・ヘンリー 15
2019-20 EFLリーグ1 35 17 9 9 61 37 60 4位 4回戦敗退 準々決勝敗退 EFLトロフィー
プレーオフ2020
2回戦敗退
準優勝
マティ・テイラー 17
2020-21 EFLリーグ1 46 22 8 16 77 56 74 6位 1回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー
プレーオフ2021
準決勝敗退
準決勝敗退
マティ・テイラー 13
2021-22 EFLリーグ1 46 22 10 14 82 59 76 8位 1回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー GS敗退 マティ・テイラー 22
2022-23 EFLリーグ1 46 EFLトロフィー

歴代監督編集

名前 就任 退任 試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
ジム・スミス   1982年3月1日 1985年6月11日 167 89 42 36 053.3
モーリス・エヴァンス   1985年6月11日 1988年3月26日 140 41 41 58 029.3
マーク・ローレンソン   1988年3月26日 1988年10月25日 23 4 8 11 017.4
ブライアン・ホートン   1988年10月25日 1993年8月27日 251 79 65 107 031.5
モーリス・エヴァンス (暫定)   1993年8月27日 1993年9月10日 3 0 0 3 000.0
デニス・スミス   1993年9月10日 1997年12月24日 247 99 60 88 040.1
マルコム・クロスビー (暫定)   1997年12月24日 1998年1月24日 5 0 1 4 000.0
マルコム・ショットン   1998年1月24日 1999年10月25日 88 26 22 40 029.5
ミッキー・ルイス (暫定)   1999年10月25日 2000年2月2日 22 6 8 8 027.3
デニス・スミス   2000年2月3日 2000年10月2日 30 8 3 19 026.7
マイク・フォード (暫定)   2000年10月3日 2000年10月31日 6 0 1 5 000.0
デイヴィッド・ケンプ   2000年10月31日 2001年4月30日 31 7 3 21 022.6
マイク・フォード (暫定)   2001年5月1日 2001年5月8日 1 0 0 1 000.0
マーク・ライト   2001年5月8日 2001年11月22日 22 4 7 11 018.2
イアン・アトキンス   2001年11月23日 2004年3月21日 122 47 35 40 038.5
グラハム・リックス   2004年3月22日 2004年11月14日 29 6 8 15 020.7
ダレン・パターソン (暫定)   2004年11月14日 2004年12月9日 3 1 0 2 033.3
ラモン・ディアス   2004年12月9日 2005年5月4日 25 10 7 8 040.0
ブライアン・タルボット   2005年5月6日 2006年3月14日 44 10 16 18 022.7
ダレン・パターソン   2006年3月14日 2006年3月22日 3 1 2 0 033.3
ジム・スミス   2006年3月22日 2007年11月9日 82 34 26 22 041.5
ダレン・パターソン   2007年11月9日 2008年11月30日 59 24 11 24 040.7
ジム・スミス (暫定)   2008年11月30日 2008年12月21日 4 2 2 0 050.0
クリス・ワイルダー   2008年12月21日 2014年1月26日 269 121 70 78 045.0
ミッキー・ルイス (暫定)   2014年1月26日 2014年3月22日 12 3 5 4 025.0
ガリー・ワードック   2014年3月22日 2014年7月4日 8 1 0 7 012.5
マイケル・アップルトン   2014年7月4日 2017年6月20日 173 78 46 49 045.1
ペップ・クロテット   2017年7月1日 2018年1月22日 36 12 10 14 033.3
デレク・ファザッカーニー   2018年1月22日 2018年3月22日 8 2 1 5 025.0
カリー・ロビンソン   2018年3月22日 195 80 52 63 041.0

歴代所属選手編集

外部リンク編集