オットカール2世 (シュタイアーマルク辺境伯)

オットカール2世(ドイツ語:Ottokar II., ? - 1122年11月28日)またはオタカール2世(Otakar II.)は、トラウンガウおよびキームガウ伯、シュタイアーマルク辺境伯(在位:1082年 - 1122年)。

オットカール2世
Ottokar II.
シュタイアーマルク辺境伯
Garsten Stiftskirche10.jpg
オットカール2世の墓(ガルシュテン参事会教会)
在位 1082年 - 1122年

死去 1122年11月28日
配偶者 エリーザベト・フォン・エスターライヒ
子女 レオポルト
クニグンデ
ヴィリビルク
家名 オタカール家(トラウンガウ家)
父親 シュタイアーマルク辺境伯オットカール1世
母親 ヴィリビルク・フォン・エッペンシュタイン
テンプレートを表示
妃エリーザベト

生涯編集

オットカール2世はシュタイアーマルク辺境伯オットカール1世とヴィリビルク・フォン・エッペンシュタインの息子である。オーストリア辺境伯レオポルト2世の娘エリーザベトと結婚した。叙任権闘争において教皇派であったオットカール2世は、1182年に皇帝派であった兄アダルベロに勝利した後、シュタイアーマルク辺境伯位を継承した。

1080年にオットカール2世はガルシュテン修道院英語版を創建した。

1122年ケルンテン公であったエッペンシュタイン家が断絶し、同家が保持していたシュタイアーマルクの領地は姻戚関係にあったオタカール家が継承し、これにより辺境伯領内におけるオタカール家の立場は強化された。1122年にシュタイアー辺境伯領はケルンテン公領から切り離され、帝国直下に置かれた。

子女編集

オーストリア辺境伯レオポルト2世の娘エリーザベトとの間に以下の子女をもうけた。

参考文献編集

  • Heinz Dopsch, Karl Brunner, Maximilian Weltin: 1122–1278. Die Länder und das Reich. Der Ostalpenraum im Hochmittelalter (= Herwig Wolfram (ed.): Österreichische Geschichte). Ueberreuter, Wien 2003, ISBN 3-8000-3973-7.
  • Karl Brunner: 907–1156. Herzogtümer und Marken. Vom Ungarnsturm bis ins 12. Jahrhundert (= Herwig Wolfram (ed.): Österreichische Geschichte.). Ueberreuter, Wien 1994, ISBN 3-8000-3521-9.
  • Hans Pirchegger: Geschichte der Steiermark. Band 1: Bis 1283. (= Allgemeine Staatengeschichte. Abt. 3: Deutsche Landesgeschichten. Werk 12, 1). Pertes, Gotha 1920.
  • Franz Xaver Pritz: Geschichte der steirischen Ottokare und ihrer Vorfahren, bis zum Aussterben dieses Stammes im Jahre 1192. In: Beiträge zur Landeskunde von Oesterreich ob der Enns. 5, 1846, ZDB-ID 133400-1, S. 121–365, hier S. 261 ff.
先代
アダルベロ
シュタイアーマルク辺境伯
1082年 - 1122年
次代
レオポルト