メインメニューを開く

オットー・ネルツ

ドイツのサッカー選手

オットー・ネルツOtto Nerz1892年10月21日 - 1949年4月19日[1])は、ドイツの元サッカー選手サッカー指導者ドイツ代表の初代監督を務めた人物である。

オットー・ネルツ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Otto Nerz
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1892-10-21) 1892年10月21日
出身地 ヘッヒンゲン
没年月日 (1949-04-19) 1949年4月19日(56歳没)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
19??-19??
19??-19??
VfRマンハイム
テニス・ボルシア・ベルリン
監督歴
1923-1936 ドイツ代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

ネルツはVfRマンハイムテニス・ボルシア・ベルリンのアマチュア選手としてプレーをしていたが、当時のドイツ国内ではサッカーの地位は低く、中欧のサッカー先進国(オーストリアハンガリーチェコスロバキアイタリア)との間には実力差があった。ネルツは指導者の道へ進み、1923年にドイツ代表監督に就任すると、ジミー・ホーガンフーゴ・マイスルヴィットリオ・ポッツォといった名将達の指導法を研究し、時にはアドバイスを求め、同国の選手強化に努めた。

ドイツは1930年に行われたFIFAワールドカップ・ウルグアイ大会への参加は見送ったが、1934年FIFAワールドカップ・イタリア大会で初めてワールドカップへ出場した。この時期にはネルツの指導が実り、ヨーロッパでもトップクラスの実力を身につけており、3位決定戦では強豪のオーストリアを下し3位入賞に導いた。この成功により、ドイツ国内においてのサッカー人気は高まりを見せた。

1933年にネルツはナチス党に入党した。これにより1936年に地元開催されたベルリンオリンピックの為の、あらゆる強化支援が受けられることが出来た。しかし本大会では準々決勝でノルウェーに0-2で敗れると責任を問われ、大会終了後に監督を解任された。なお後任監督には彼の下でアシスタントコーチを務めていたゼップ・ヘルベルガーが就任した。その後、ネルツはベルリンサッカー協会の監督およびコーチを務めていた。

1945年第二次世界大戦ベルリン攻防戦の後、ナチス党へ協力した罪に問われ連合軍の捕虜となった。ネルツは4年後の1949年4月18日に収容所内で亡くなり、遺体は収容所内の集団墓地に埋葬された。

脚注編集

外部リンク編集