オットー・ハーン賞

オットー・ハーン賞 (Otto-Hahn-Preis) は、物理学分野と化学分野のドイツの学者に与えられる賞である。

2005年からは、ドイツ物理学会とドイツ化学会とフランクフルト市が共同で授与する賞となった。2年ごとに授与され、物理分野と化学分野の学者が交互に受賞する。賞はフランクフルト出身のオットー・ハーンにちなむ。賞金の半分はフランクフルト市が提供し、4分の1ずつをドイツ物理学会とドイツ化学会が提供する。

2003年まではオットー・ハーン物理・化学賞(Otto-Hahn-Preises für Chemie und Physik)とフランクフルト市オットー・ハーン賞(Otto-Hahn-Preis der Stadt Frankfurt am Main) が別々に存在した。オットー・ハーン物理・化学賞は1955年から、フランクフルト市オットー・ハーン賞は1970年からそれぞれ開始された。

この他にオットー・ハーンの名を冠した賞にはマックス・プランク協会がドイツの若手科学者を表彰するオットー・ハーン・メダルがある。

主な受賞者編集

オットー・ハーン物理・化学賞編集

フランクフルト市オットー・ハーン賞編集