オットー・プリマヴェージ

オットー・プリマヴェージOtto Primavesi, 1868年2月27日 オルミュッツ - 1926年2月8日 ウィーン)は、モラヴィア出身のオーストリアの銀行家、実業家、美術品収集家。アントン・ハナーク英語版グスタフ・クリムトヨーゼフ・ホフマンウィーン分離派芸術家の後援者であり、分離派の集まるウィーン工房の活動を支えたために財産を失った。

生涯編集

18世紀末にロンバルディア地方からオルミュッツに移住し、モラヴィア地方の実業界の指導者となった豪商の家系に生まれる。兄弟と共に、モラヴィア地方の砂糖需要の3分の2を生産する製糖工場、リヒテンヴェルデン英語版リンネル工場、ヴュルベンタール英語版ジュート工場、そしてオルミュッツの銀行を相続した。1894年、ウィーンの舞台女優オイゲニア・ブチェック(Eugenia Butschek、1874年 - 1963年)と結婚し、間に4人の子供をもうけている。

ウィーン分離派の活動に関心を持ち、オルミュッツの自身の銀行のリフォーム、オルミュッツに所有する邸宅ヴィラ・プリマヴェージチェコ語版の2つの部屋の装飾[1]ヴィンケルスドルフ英語版に建てたマナーハウスの設計をヨーゼフ・ホフマンに依頼した。ウィーン工房の最初の出資者だったフリッツ・ヴェルンドルファードイツ語版が1915年に手を引いた後、従兄のロベルト・プリマヴェージドイツ語版とともに同工房の出資者を引き継いだ。1912年から1913年にかけ、妻オイゲニアと9歳の次女メーダ(Mäda Gertrude Primavesi, 1903年 - 2000年)[2]の肖像画の制作を、グスタフ・クリムトに依頼した。オイゲニアもまた、ウィーン工房の優秀な工芸品制作に支援を惜しまなかった。

1915年から1925年にかけて、ウィーン工房はプリマヴェージの経営下にあった。ベルリンでの代理店(1916年)、マリーエンバート支店(1917年)、チューリヒ支店(1917年)、フェルデン英語版支店(1922年)、ニューヨーク支店(1922年)の出店など様々な経営拡張方針にもかかわらず、工房の経営は早くも1918年にはプリマヴェージに巨額の経済的損失を負わせることになる。1925年6月25日に工房の経営から手を引くが、その際、工房への支援に固執する妻とは別居することになった。プリマヴェージは翌1926年2月に死去し、同年4月に彼の経営していた銀行は破産した。同年5月、ウィーン工房も破産申請手続きに入っている。

参考文献編集

  • Tobias G. Natter: Die Welt von Klimt, Schiele und Kokoschka. Sammler und Mäzene. DuMont, Köln 2003, ISBN 3-8321-7258-0.
  • Herta Neiß: Wiener Werkstätte. Zwischen Mythos und wirtschaftlicher Realität. Böhlau, Wien/Köln/Weimar 2004, ISBN 3-205-77147-8.
  • Claudia Klein-Primavesi: Die Familie Primavesi. Kunst und Mode der Wiener Werkstätte. Klein-Primavesi, Wien 2006, ISBN 3-200-00790-7. (Enthält Familienchronik).

引用編集

  1. ^ Vila Primavesi, Olomouc. History of vila Primavesi, abgerufen am 20. Juni 2013 (englisch).
  2. ^ Mäda Primavesi im Metropolitan Museum of Art, Erwerbungsnr. 64.148, abgerufen am 20. Juni 2013 (englisch).

外部リンク編集