メインメニューを開く

オットー1世 (プファルツ=モスバッハ公)

オットー1世

オットー1世(Otto I., 1390年8月24日 - 1461年3月14日)は、プファルツ=モスバッハ公。プファルツ選帝侯ローマ王ループレヒトニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘エリーザベトの五男。プファルツ=モスバッハ家の祖。プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世、プファルツ=ノイマルクト公ヨハン、プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公シュテファンの弟。

1410年の父の死後、領土を分割、モスバッハを領有した。モスバッハの発展に尽くす一方、幼少の甥(長兄ルートヴィヒ3世の子)ルートヴィヒ4世の後見人を1442年まで務めた。1448年カルマル同盟(北欧三国)の君主だった甥(次兄ヨハンの子)クリストファ(クリストフ)が亡くなり、遺領のノイマルクトを相続、一部は三兄のシュテファンに分け与えた。1461年のオットー1世の死後、子のオットー2世はモスバッハとノイマルクトを合わせて相続、プファルツ=モスバッハ=ノイマルクト公となった。

子女編集

1430年下バイエルン=ランツフート公ハインリヒ16世の娘ヨハンナと結婚。9人の子を儲けた。

  • マルガレーテ(1432年 - 1451年) - ハーナウ伯ラインハルト3世と結婚。
  • アマーリエ(1433年 - 1488年) - リーネック伯フィリップと結婚。
  • オットー2世(1435年 - 1499年) - プファルツ=モスバッハ=ノイマルクト公
  • ループレヒト(1437年 - 1465年) - レーゲンスブルク司教
  • ドロテア(1439年 - 1482年)
  • アルブレヒト(1440年 - 1506年) - シュトラスブルク司教
  • アンナ(1441年 - ?)
  • ヨハン(1443年 - 1486年) - マインツ主席司祭
  • バルバラ(1444年 - 1486年) - 修道女
先代:
新設
プファルツ=モスバッハ公
1410年 - 1461年
次代:
オットー2世
先代:
クリストフ
プファルツ=ノイマルクト公
1448年 - 1461年
次代:
オットー2世