オッド・ハッセル

オッド・ハッセル(Odd Hassel, 1897年5月17日 - 1981年5月11日)はノルウェー物理化学者である。1969年、デレック・バートンとともに、「立体配座の概念の発展と化学への適用」の功績でノーベル化学賞を受賞した。

Odd Hassel
オッド・ハッセル
Odd Hassel.jpg
オッド・ハッセル(1935)
生誕 (1897-05-17) 1897年5月17日
 ノルウェー オスロ
死没 (1981-05-11) 1981年5月11日(83歳没)
 ノルウェー オスロ
国籍  ノルウェー
研究分野 物理化学
出身校 オスロ大学
主な受賞歴 ノーベル化学賞 (1969)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1969年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:分子の立体配座概念の確立

オスロに医者の息子に生まれた。オスロ大学で数学、物理、化学を学んだ後、ドイツのミュンヘン大学のKasimir Fajansのもとで学び、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所で働き1924年ベルリン大学から学位をえた。ノルウェーに戻りオスロ大学で物理化学のさまざまな分野で働いた。最初無機化学を研究したが1930年からは分子構造、特にシクロヘキサンの構造解析に取り組んだ。

第2次世界大戦中は反ナチ運動を行い、刑務所に入れられたが1944年11月に解放された。 1950年代の初めは、電荷移動化合物の研究を行い、それらの化合物の構造の解明を行った。

外部リンク編集