メインメニューを開く
オデオン広場から南を望む。中央はフェルトヘルンハレ、右はテアティーナー教会、左はレジデンツ。

オデオン広場(オデオンひろば、ドイツ語: Odeonsplatz)は、ミュンヘン市中心部にある広場

旧市街北部のルートヴィヒ通りde:Ludwigstraße)南端にある。東はミュンヘン・レジデンツ(旧バイエルン王宮、de:Münchner Residenz)、西は旧オデオン劇場(現在はバイエルン州内務省庁舎)とテアティーナー教会de:Theatinerkirche (München))、南はフェルトヘルンハレに面している。

19世紀初め、ルートヴィヒ1世の命により、ルートヴィヒ通りや周辺のいくつかの建物とともにレオ・フォン・クレンツェの設計により造られた。名前は古くからあったオデオン劇場にちなむ。南側にはその後19世紀半ばにフェルトヘルンハレが造られた(クレンツェのライバルであるフリードリヒ・フォン・ゲルトナーによる)。

交通編集