オトレーレー古希: Ὀτρηρή, Otrērē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してオトレレとも表記される。

オトレーレーはアマゾーン族の女王で、アレースとの間にヒッポリュテー[1]アンティオペー[2]ペンテシレイアを生んだ[3][4]

世界の七不思議に数えられるエペソスアルテミス神殿は、この建設について古くからアマゾーン族が関わっていたとされ[5]、一説にはオトレーレーが創建したともいわれる[6]。またオトレーレーは黒海のアレースの島にアルテミスの神殿を建設した[7]

娘であるヒッポリュテー、アンティオペー、ペンテシレイアはいずれもアマゾーン族の女王として知られる。ヒッポリュテーはヘーラクレースがヒッポリュテーの帯を求めてアマゾーン族の国にやって来たときに殺された[8]。アンティオペーはこのとき捕らわれてテーセウスの妻となり、ヒッポリュトスを生んだ[1][9]。ペンテシレイアはトロイア戦争においてトロイア軍に味方して戦い、アキレウスに討たれた[3][4]

系図編集

アイゲウス
 
オトレーレー
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーセウス
 
アンティオペー
 
ヒッポリュテー
 
ペンテシレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注編集

  1. ^ a b ヒュギーヌス、30話。
  2. ^ ヒュギーヌス、241話。
  3. ^ a b アポロドーロス、適用(E)5・1。
  4. ^ a b ヒュギーヌス、112話。
  5. ^ パウサニアス、7巻2・7。
  6. ^ ヒュギーヌス、225話。
  7. ^ ロドスのアポローニオス、2巻387行。
  8. ^ アポロドーロス、2巻5・9。
  9. ^ アポロドーロス、適用(E)1・16。

参考文献編集