オトロクまたはパスィノク、デトスキー(ロシア語: Отрок、またはпасынок 、детский[1])は、中世ルーシの軍事的役職・階級の1つであるドルジーナのうちの下位層もしくは若年層を指す言葉である。日本語文献では下僕[2]・下級従士[3]・少年の従士団員[4]などと訳され、西欧ペイジに類似する。ドルジーナの中で最も低い階級に位置した。

一般的に、ドルジーナの下位層は公(クニャージ)や貴族層(ボヤーレ)、あるいは上位のドルジーナの子弟から構成された。オトロクは、それら若年の者がその任につき、宮廷において低位の任務に就いた。ただし例外的に、上位層のドルジーナから構成される評議会にも招集されることがあった[5]。成人のオトロクはグリヂ(ru)とも呼ばれた。また、一定の功績を挙げるか、クニャージの直営地においては、ドゥムツィ(ru)と同等の地位に昇格することができた[6]

出典編集

  1. ^ Энциклопедия военных и морских наук// В 8 томах / Под ред. Г. А. Леера. — СПб.: Тип. В. Безобразова и К, 1891. — Т. 5. — С. 523.
  2. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』事項索引p41
  3. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』事項索引p35
  4. ^ 井桁貞義『露和辞典』p636
  5. ^ Энциклопедия военных и морских наук. — Т. 1. — С. 494.
  6. ^ Настольный энциклопедический словарь // В 8 томах— 3-е изд. — М.: Изд. товарищ. «А. Гранат и К°», 1897. — Т. 6. — С. 3688.

参考文献編集

  • 國本哲男他訳 『ロシア原初年代記』 名古屋大学出版会、1987年
  • 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年